ホーム > mixiニュース > IT・インターネット > モバイル > 月額3500円で国内通信が使い放題 エックスモバイルがクラウドSIM対応ルーター「限界突破WiFi」発売

月額3500円で国内通信が使い放題 エックスモバイルがクラウドSIM対応ルーター「限界突破WiFi」発売

2

2019年10月10日 19:42  ITmedia Mobile

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ITmedia Mobile

写真限界突破WiFi
限界突破WiFi

 MVNOサービス「X-mobile」を展開するエックスモバイルが10月10日、スマホ型のモバイルWi-Fiルーター「限界突破WiFi」を無料で発売した。また同日に氷川きよしさんを起用した新CM発表会を行った。



【その他の画像】



 限界突破WiFiは、uCloudlinkのクラウドSIM技術を用いており、SIMカードを差し替えることなく、世界107カ国で通信ができるのが特徴。



 本体代金や契約手数料は無料で、通信料金は国内の場合が月額3500円(税別)、海外の料金プランは300MB/1日、1GB/7日、3GB/30日の3種類がある。例えば中国、香港、台湾、韓国、マレーシア、ベトナム、インドネシア、タイ、日本の場合、料金はそれぞれ380円、980円、1880円となる(日本のみ、これに消費税が加算される)。米国や欧州の主要国はそれぞれ580円、1480円、2980円。各国の料金詳細はWebサイトから確認できる。



 利用開始月は商品を出荷した日から「日割り」での請求となり、支払いはクレジットカードのみが対象。申し込みは全国のX-mobile店舗やWebページで受け付ける。



 国内での利用については、基本的に無制限でネットを使えるが、著しくネットワークを占有するような大容量通信をした場合、通信速度に制限がかかる場合がある。ネットワークはドコモ、au、ソフトバンクといった国内大手キャリア全てに対応する。クラウドサーバのSIMは、MVNOのSIMではなく、3キャリアのSIMを利用しているため、MVNOを介さず、3キャリアの回線をそのまま利用できる。



 なお、国内と海外ともに、ネットワークをユーザー自身で選択することはできない。つまりエリアによって自動的に料金とネットワークが変更される。



 本体は5.7型のタッチディスプレイを搭載する。最大8台までの接続が可能な上、3400mAhの大容量バッテリーも搭載する。モバイルWi-Fiルーターとしての機能はもちろんのこと、翻訳や地図アプリも使える。



【更新:2019年10月11日7時21分 クラウドSIMの通信にMVNOを介していないこと、海外での料金の詳細を追記しました。】



●端末や通信費も安くし、店舗数も拡大へ



 10日に行われた新CM発表会にはエックスモバイルの木野将徳社長が登壇し、新端末投入の狙いや店舗について説明した。



 木野社長は、従来のモバイルWi-Fiルーターの欠点について「タッチ操作できるディスプレイもなく、面倒な契約手続きが必要な上、利用料金も複雑かつ高額」だと指摘した。新端末となる限界突破WiFiは、ユーザー自身がより手軽に各国のネットワークを使えるようにと考え、開発したと話した。



 店舗数については既に300を超える規模で全国に展開している。店舗といえば、2019年7月16日にカフェ併設の携帯・通信回線販売店「X-mobile Cafe shibuya」を東京・渋谷にオープンしたばかり。同店内ではコーヒーなどのドリンクを提供する他、通信回線の契約、スマートフォンアクセサリーの販売、iPhoneのバッテリー交換や画面修理なども受け付けている。



 また、2019年からは店舗そのものの質を向上させるため、数百人の社員に対し、販売研修を行っているという。



 今後はさらに店舗数を拡大すると同時に、限界突破WiFiを街のあらゆるところで宣伝や販売を行う予定だ。端末代が無料なので、氷川きよしさんのCMや店舗での宣伝を積極的に行い、ユーザー数を増やすことで、収益を上げると説明した。


このニュースに関するつぶやき

  • 海外も無制限にしてくれ〜 https://mixi.at/agiZ8t9
    • イイネ!9
    • コメント 0件
  • イイネ!
    • イイネ!28
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(2件)

あなたにおすすめ

ニュース設定