ホーム > mixiニュース > IT・インターネット > モバイル > ドコモから「Galaxy A20」登場 初心者にも配慮したエントリースマホ

ドコモから「Galaxy A20」登場 初心者にも配慮したエントリースマホ

0

2019年10月11日 12:12  ITmedia Mobile

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ITmedia Mobile

写真Galaxy A20(左からRed、White、Black)
Galaxy A20(左からRed、White、Black)

 NTTドコモは11月1日、サムスン電子製スマートフォン「Galaxy A20 SC-02M」を発売する。税込みの想定販売価格は2万円台前半を予定している。



【その他の画像】



 SC-02Mは、Galaxyシリーズのエントリースマホである「Galaxy A20」のドコモ向けモデル。画面サイズを考えると、Galaxy A20そのものではなく、一部の国で販売されている「Galaxy A20e」をベースとしていると思われるが、ハードウェア的なカスタマイズが随所に施されている(詳しくは後述)。



 ケータイ(特に3Gケータイ)からの乗り換えを想定したモデルで、ホーム画面とアイコン表示を見やすくする「かんたんモード」も搭載。ボディーカラーはRed、White、Blackの3つを用意している。



 プロセッサは、サムスン電子の「Exynos 7884B」で、メインメモリは3GB、内蔵ストレージは32GBを備える。外部ストレージは最大512GBのmicroSDXCに対応する。OSはAndroid 9をプリインストールする。



【訂正:2019年10月12日10時12分 初出時に、内蔵ストレージの容量に誤りがありました。おわびして訂正致します】



 ディスプレイはHD+(720×1560ピクセル)の5.8型液晶で、画面上部のインカメラ回りに切り欠き(ノッチ)が設けられている。



 アウトカメラは約800万画素センサー(F1.9)、インカメラは500万画素センサー(F2.0)のシングル構成となっている。ベースモデルと思われるGalaxy A20eと比較すると、アウトカメラ(1200万画素、F1.9+500万画素、F2.2)もインカメラ(800万画素、F2.0)もスペックが若干落とされている。



 またA20eには搭載されていた背面の指紋センサーも省略され、生体認証はインカメラによる顔認証にのみ対応している。



 一方、A20eにはない要素として、「おサイフケータイ」(モバイルFeliCa)を搭載し、ボディーにIPX5/8等級の防水性能とIP6X等級の防塵(じん)性能を付与し、ストラップホールも追加している。



 テレビチューナーは備えないものの、FMラジオチューナーを搭載。受信アプリとして「radiko+FM」をプリインストールしている。



 バッテリー容量は3000mAhで、外部接続端子はUSB Type-C。電池持ち時間は約140時間だ。イヤフォンマイク端子も別途備えている。



 ボディーサイズは約71(幅)×150(高さ)×8.1(奥行き)mmで、重量は約151gだ。


    ニュース設定