ホーム > mixiニュース > IT・インターネット > モバイル > NTTドコモが2019年冬・2020年春モデルを発表 スマホ5機種、ケータイ2機種とSTB1機種

NTTドコモが2019年冬・2020年春モデルを発表 スマホ5機種、ケータイ2機種とSTB1機種

1

2019年10月11日 12:12  ITmedia Mobile

  • 限定公開( 1 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ITmedia Mobile

写真ドコモが新機種を発表
ドコモが新機種を発表

 NTTドコモは10月11日、2019年冬商戦と2020年春商戦に投入する新端末を発表した。内訳はスマートフォンが5機種、ケータイ(フィーチャフォン)が2機種、セットトップボックス(STB)が1機種の計8機種で、10月18日から順次発売される。



【その他の画像】



【訂正:17時25分】一部端末の発売時期を訂正しました



●スマートフォン



 スマートフォンはサムスン電子製の「Galaxy Note10+ SC-01M」「Galaxy A20 SC-02M」、ソニーモバイルコミュニケーションズ製の「Xperia 5 SO-01M」、シャープ製の「AQUOS zero2 SH-01M」「AQUOS sense2 SH-02M」の計5機種が登場する。機種数は例年と比べると少なめだが「5Gの商用サービスを控えた時期の、LTE(Xi)世代の集大成」(関係者)という位置付けだ。



 これらのうち、SC-01M、SO-01M、SH-01MはプロセッサにQualcommの「Snapdragon 855」を搭載するハイエンドモデルで、下り最大1576Mbps(理論値)の高速通信に対応している。一方、SC-02MとSH-02Mは手頃な価格感のエントリー/ミドルレンジ機種となっている。



●ケータイとSTB



 ケータイは、富士通コネクテッドテクノロジーズ製の「らくらくホン F-01M」とシャープ製の「キッズケータイ SH-03M」が登場する。



 F-01Mは、従来のらくらくホンユーザーの機種変更ニーズに応えるために「あえてほとんど変えない」(関係者)ことをコンセプトに据えて開発されたという。そんな中でも、VoLTEの「HD(高品質)通話」の帯域拡張や迷惑電話・SMS対策機能の強化など、機能改善が施されている。



 SH-03Mは、キッズケータイとしては初めてのフルタッチモデルで、従来のターゲットである小学校低学年の児童はもちろん、「小学校高学年(の児童)でも違和感なく使えるケータイ」(関係者)を目指したという。単体で利用するドコモの音声通話端末としては初めてeSIM専用となっていることも特徴だ。



 セットトップボックスは、住友電気工業製の「ドコモテレビターミナル 02」が2020年春に登場する。2018年に発売された「ドコモテレビターミナル 01」(ファーウェイ製)の後継製品で、「Android 9」ベースの最新のAndroid TVをプリインストールしている。



 TT01との大きな違いは、「ひかりTV for docomo」のBS4K放送の再送信サービスに対応したこと。BS4K放送の再送信サービスは本家の「ひかりTV」では既に開始されているが、for docomoでもTT02の発売に合わせてスタートする。


    ランキングIT・インターネット

    前日のランキングへ

    ニュース設定