ホーム > mixiニュース > IT・インターネット > モバイル > 小型ボディーに21:9ディスプレイを搭載した「Xperia 5」、ドコモが11月1日に発売

小型ボディーに21:9ディスプレイを搭載した「Xperia 5」、ドコモが11月1日に発売

0

2019年10月11日 12:12  ITmedia Mobile

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ITmedia Mobile

写真ソニーモバイルの「Xperia 5 SO-01M」
ソニーモバイルの「Xperia 5 SO-01M」

 NTTドコモが、ソニーモバイルコミュニケーションズ製のスマートフォン「Xperia 5 SO-01M」を11月1日に発売する。カラーはグローバル版と同じくブラック、グレー、ブルー、レッドの4色で展開する。想定価格は8万円前後。



【その他の画像】



 Xperia 5は、アスペクト比が21:9、約6.1型の有機ELディスプレイを、約68mmのスレンダーなボディーに搭載したハイエンドモデル。HDR表示に対応したディスプレイは、高画質化エンジン「X1 for mobile」により、標準規格(SDR)の映像をHDR相当に変換できる。「ITU-R BT.2020」の色域と10ビット信号に対応し、映像制作者の意図通りの画質を目指した設定「クリエイターモード」も採用した。



 21:9のディスプレイを生かし、2つのアプリを1画面に表示させるマルチウィンドウも特長に打ち出している。Xperia 5では、通知が来た際に出るマルチウィンドウアイコンをタップすると、通知内容をマルチウィンドウで起動できるようになった。



 アウトカメラには約1220万画素(52mm)の望遠レンズ、約1220万画素(26mm)の標準レンズ、約1220万画素(16mm)の超広角レンズを搭載。シーンに応じて3つのレンズを切り替えて撮影できる。被写体の瞳にピントを合わせ続ける「瞳AF」も採用した。指の映り込みやフォーカスのズレなど、撮影の失敗をしないようアドバイスする機能を新たに用意した。21:9のアスペクト比や24fpsなど、映画と同等の品質を目指した独自アプリ「Cinema Pro」も利用できる。



 プロセッサはSnapdragon 855、メインメモリは6GB、内蔵ストレージは64GB、バッテリーは3000mAh。側面に指紋認証を搭載しており、IP68の防水、防塵(じん)機能、FeliCa、フルセグ/ワンセグもサポートする。なお、ワイヤレス充電には対応しない。通信速度は下り最大1576Mbps、上り最大131.3Mbps。


    あなたにおすすめ

    ニュース設定