ホーム > mixiニュース > IT・インターネット > モバイル > 「AQUOS sense3」がドコモから 4000mAhバッテリーにデュアルカメラ搭載

「AQUOS sense3」がドコモから 4000mAhバッテリーにデュアルカメラ搭載

0

2019年10月11日 12:12  ITmedia Mobile

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ITmedia Mobile

写真NTTドコモ向け「AQUOS sense3」
NTTドコモ向け「AQUOS sense3」

 NTTドコモは、シャープ製のミッドレンジスマートフォン「AQUOS sense3 SH-02M」を11月上旬に発売する。カラーはライトカッパー、ブラック、シルバーホワイトに、ドコモオリジナルカラーのディープピンクを加えた計4色。想定価格は3万円前後。



【その他の画像】



 AQUOS sense3は、スマートフォンAQUOS史上最大となる4000mAhのバッテリーと、フルHD+(1080×2160ピクセル)で表示可能な約5.5型のIGZO液晶ディスプレイを搭載する。



 背面には、標準と広角で構成されるデュアルカメラを搭載し、画素数は標準と広角どちらも約1200万画素となる。焦点距離は広角が24mm、超広角が18mm(いずれも35mmフィルム換算)となる。インカメラは約800万画素となる。



 センサーの画素がピント合わせの機能も持つ「デュアルピクセル」に対応しており、素早くピント調節ができるとしている。電子式の手ブレ補正に加え、AIがシャッタースピードや露光を自動で調整する機能も備えている。さらに、AIが笑顔や動きなどの見どころを抽出し、約15秒のダイジェストムービーを自動で作成する「AIライブストーリー」を搭載する。



 この他、防水や耐衝撃(落下)性能や、おサイフケータイに加え、文字やアイコンを大きく表示する「かんたんモード」も搭載している。通信速度は下り最大350Mbps、上り最大75Mbps。


    ニュース設定