ホーム > mixiニュース > スポーツ > スポーツ総合 > 鈴鹿初走行のアルボンは6番手「このコースが大好き。FP3中止は痛いが予選で上位争いしたい」レッドブル・ホンダF1日本GP

鈴鹿初走行のアルボンは6番手「このコースが大好き。FP3中止は痛いが予選で上位争いしたい」レッドブル・ホンダF1日本GP

0

2019年10月11日 20:11  AUTOSPORT web

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

AUTOSPORT web

写真2019年F1第17戦日本GP金曜 アレクサンダー・アルボン(レッドブル・ホンダ)
2019年F1第17戦日本GP金曜 アレクサンダー・アルボン(レッドブル・ホンダ)
 2019年F1日本GPの金曜、レッドブル・ホンダのアレクサンダー・アルボンはフリー走行1=6番手/2=6番手だった。

 FP1では24周のなかで1分30秒375、FP2では34周を走り1分28秒402を、それぞれソフトタイヤで記録した。

■アストンマーティン・レッドブル・レーシング
アレクサンダー・アルボン フリー走行1=6番手/2=6番手
 今日の流れにはとても満足している。このコースが大好きだよ。早くまた走りたくてたまらない。

 セクター1は本当にすごいね。走っていてとても楽しかった。すぐにリズムに乗ることができ、ソチの時よりもずっといい感触を持っている。とはいえ、まだ課題があることは確かだけどね。

 ここを走ったのは今日が初めてなんだが、明日は走行がない。つまり、コースを学ぶ時間が減ってしまったということだから、理想的な状況とはいえないね。その影響は多少出ると思うけど、皆、同じ条件だから受け入れるしかない。

 メルセデスはとても速いし、コーナーで強さを発揮している。でも僕らのマシンもかなりよくなってきている。理想的なバランスからかけ離れてはいないと思う。改善を重ねてきたし、これからさらによくなるはずだ。微調整すればあとコンマ数秒を見つけられるだろう。

 日曜の予選はどうなるだろうね。6番手は期待どおりのポジションではないと思っている。ドライコンディションなら、上位グループでの戦いに挑戦したい。でもこのトラックはウエットだと難しそうだから、雨が降っていたら苦労することになりそうだ。

 明日の予定は特に立てていない。ホテルにボーリング場があると聞いたので、そこに行くかもしれないよ。

    あなたにおすすめ

    ランキングスポーツ

    前日のランキングへ

    ニュース設定