ホーム > mixiニュース > エンタメ > 芸能総合 > 深田恭子、“深夜の酩酊”ショットに「ヒップラインがエロ過ぎ!」の声 ドラマ『ルパンの娘』続編に期待も

深田恭子、“深夜の酩酊”ショットに「ヒップラインがエロ過ぎ!」の声 ドラマ『ルパンの娘』続編に期待も

1

2019年10月12日 15:01  おたぽる

  • 限定公開( 1 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

おたぽる

写真「NEWSポストセブン」(小学館)より
「NEWSポストセブン」(小学館)より

 人気女優の深田恭子が、深夜の東京・麻布十番で酩酊状態。そんなお宝ショットが3日発売の週刊誌「女性セブン」(小学館)に掲載され、「ヒップラインがエロ過ぎ!」「ぜひとも介抱してあげたい」などと、ファンを興奮させた。


「タイトめのスカート姿でラーメン店から出てきたところを激写されてしまった深田。千鳥足のため知人女性に寄りかかるバックショットでは、むっちりとしたお尻のラインが露わになっているため、『その場に居合わせた人が羨ましすぎる』『生で見たら鼻から流血は免れないだろうな』などとファンは興奮。その幸運な目撃者によれば深田は、『超スタイルのいい女性』だったとのことですが、36歳になった現在もグラマラスボディは健在のようですね」(芸能関係者)


 先月26日に最終回のを迎えた主演テレビドラマ『ルパンの娘』(フジテレビ系)では、そのボディラインがくっきり浮かぶ全身スーツをはじめ、セクシーな姿てんこ盛り状態でファンを魅了した深田。続編やスペシャル版の制作を要望する声が多く寄せられている。


「同ドラマで深田が演じたのは、“Lの一族”と呼ばれる泥棒一家の娘役だったのですが、同名の原作小説にはない全身スーツ姿でのアクションが盛り込まれ、ビジュアル的にもストーリー的にも深田ファンにとっては大満足の作品となったようです。これまで、深田のセクシーさを前面に押し出した代表作といえば、2009年公開の映画『ヤッターマン』における、胸の谷間がガッツリ見える衣装を着用して臨んだドロンジョ役が最右翼として挙げられますが、『それ以上かもしれない』『シリーズ化したら、お色気シーンがさらに増えそう』などと評価は上々のため、続編への期待するファンは少なくありません」(同)


 セクシーといえば、ほぼ毎年コンスタントにリリースしてきた写真集が、今年はまだ何の発表もないため、ファンの関心が寄せられている様子。昨年9月に発売された『Blue Palpitations』(講談社)では、ハワイを舞台にビキニ姿でムッチリボディの魅力を余すところなく発揮したが、こちらも新作制作の吉報が待たれる。


    あなたにおすすめ

    ニュース設定