ホーム > mixiニュース > エンタメ > 芸能総合 > 『いだてん』中村勘九郎&阿部サダヲがクランクアップ! 最終章の見どころは?

『いだてん』中村勘九郎&阿部サダヲがクランクアップ! 最終章の見どころは?

0

2019年10月13日 16:00  週刊女性PRIME

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

週刊女性PRIME

写真大河ドラマ『いだてん』がクランクアップ 主演の中村勘九郎(写真左)と阿部サダヲ(同右) (c)NHK
大河ドラマ『いだてん』がクランクアップ 主演の中村勘九郎(写真左)と阿部サダヲ(同右) (c)NHK

 いよいよ1964年東京オリンピック編に突入する大河ドラマ『いだてん』。何かと視聴者をザワつかせたけれど、最終章には豪華キャストも新登場! “いだてんワールド”を堪能しちゃいましょう。

身近な有名人も続々登場!

 これまで駆け抜けてきた金栗四三役の中村勘九郎と田畑政治役の阿部サダヲが、ついにクランクアップ! 

「今はまだ実感がわかないんですけれど、これだけ長い作品に携わると、もうファミリーになっていますので、このチームと別れるのはさみしいですね役者人生の宝物になりました。本当に1年半、ありがとうございました!」(中村)

田畑政治のことが好きなので、まだやっていたいという気持ちもあります。かかわった役者の数がものすごく、中でも治五郎(役所広司)さんとのシーンが思い出に残っています今日、最後の撮影でも頭をよぎりました。みなさん本当にお疲れさまでした。楽しかったです」(阿部)

 クライマックスを迎えてもまだまだ波瀾万丈な(?)物語も加速していく中、『いだてん』制作統括の訓覇圭プロデューサーに、今後の見どころや展開を教えてもらいました!

Q. 今後の見どころは?

A. 1940年の東京オリンピック返上、そして敗戦を経た田畑たちが1964年の東京オリンピックにどのような希望を託していったのかを描いていきます。時代が現在にグッと近づくので、東洋の魔女、市川崑、丹下健三など、身近な有名人も続々登場します。

 高度経済成長を迎え活気に満ちた東京を舞台に、これまで紡いできた金栗四三、田畑政治、そして古今亭志ん生の物語が東京オリンピック当日に向かってどう結びつき、クライマックスを迎えるのか、注目してください

Q. これからどんな展開が待ち受けてる……?

A. 第40回(10月20日放送予定)で東京へのオリンピック招致が決定しますが、そこから開催まで、順風満帆とはいきません。選手村をどこにするか、ポスターのデザイン、聖火リレーのコース、盛り上がらない日本国内など、2019年の今と重なるような問題が山積み

 田畑は持ち前の勢いで半ば強引に問題を解決していきますが、そこに浅野忠信さん演じる川島正次郎が最大の壁として立ちはだかります。大きな挫折を味わうことになりますが、それでもオリンピック愛を貫く田畑はあきらめません。最終回は1964年10月10日、快晴の開会式当日の朝から始まります

“オリンピック知事”と呼ばれた

●東京都知事/東龍太郎(松重豊)

 もともとはスポーツ医学の草分けである医師で、日本体育協会会長やIOC委員を務めていたところ、田畑の熱意に押し切られて東京都知事に。

 1964年東京オリンピックが決まるや“東京大改造”と銘打って首都高速道をはじめとするインフラ整備にまい進し“オリンピック知事”と呼ばれた。

●JOC常任委員/岩田幸彰(松坂桃李)

 元東大ヨット部主将のスポーツマンで、選手としてオリンピック出場を目指していたことも。田畑政治(阿部サダヲ)から懇願され秘書になり、二人三脚のオリンピック人生が始まる。1964年東京オリンピックを成功に導いた立役者。愛称は“いわちん”。

●ジャーナリスト/平沢和重(星野源)

 ニューヨーク領事などを歴任後、外務省を退官。NHK解説委員になり、お茶の間のマダムたちの人気を集める。

 かつて日本へ向かう氷川丸の船上で嘉納治五郎(役所広司)の最期を看取った人物として、1964年オリンピック開催地を決めるミュンヘンIOC総会で、最終スピーチの大役を任される。

濃〜い俳優陣にも注目

●聖火リレー最終ランナー/坂井義則(井之脇海)

 1945年8月6日、原爆が投下された広島で生まれる。東京オリンピックへ陸上競技で出場を目指すが、代表選考会で落選。田畑によって開会式の最終聖火ランナーに抜擢される。

●1964年東京オリンピック バレーボール日本代表監督/大松博文(チュートリアル・徳井義実)

 女子バレーボール実業団『日紡貝塚』を率い、175連勝という大記録を打ち立てた名監督。その厳しさから“鬼の大松”と呼ばれる。

●自民党幹事長・初のオリンピック担当大臣/川島正次郎(浅野忠信)

 戦前・戦後に活躍した大物政治家。初のオリンピック担当大臣として田畑と対立し、田畑失脚の引き金となる。

●タクシー運転手・聖火リレー踏査隊員/森西栄一(東京03・角田晃広)

 タクシー運転手としての腕を見込まれ『聖火リレー踏査隊』の一員となり、ギリシャ・アテネからシンガポールまでの2万キロの距離を自動車で走破する。

●『水明亭』/店主(カンニング竹山)

 国立競技場のそばにある食堂『水明亭』の主人。オリンピック開会式当日、ひょんなことから聖火リレースタート直前の坂井義則をかくまうことに……。

●公式記録映画『東京オリンピック』総監督/市川崑(三谷幸喜)

 日本を代表する映画監督。黒澤明(増子直純)に代わり急きょ、映画『東京オリンピック』の総監督に就任する。

●Information●
大河ドラマ『いだてん 〜東京オリムピック噺〜』  NHK総合・毎週日曜夜8時〜ほか

    あなたにおすすめ

    ニュース設定