ホーム > mixiニュース > 海外 > 奈良美智氏落書き 数億円価値?

奈良美智氏のニューヨークのバーでの落書き 10年経って5億円超の価値に

111

2019年10月13日 21:02  Techinsight Japan

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

Techinsight Japan

写真奈良美智氏によるバーの壁の落書き(画像は『New York Post 2019年10月10日付「Yoshitomo Nara’s decade-old doodles at East Village dive bar could be worth millions」(William Farrington)』のスクリーンショット)
奈良美智氏によるバーの壁の落書き(画像は『New York Post 2019年10月10日付「Yoshitomo Nara’s decade-old doodles at East Village dive bar could be worth millions」(William Farrington)』のスクリーンショット)
世界的にも有名で日本を代表する現代美術家の奈良美智氏。彼の作品で、右手を背中に隠して威嚇するような目つきをしている赤い服の少女「ナイフ・ビハインド・バック」は多くの人が目にしたことがあるだろう。そんな奈良氏は10年前、ニューヨークのバーの壁に落書きをしていたが、その絵が数億円の価値があるとして話題になっているようだ。『New York Post』『Eater NY』などが伝えている。

米ニューヨークのイーストビレッジにあるバー「ナイアガラ(Niagara)」は、落ち着いた雰囲気でアートギャラリーの展示や音楽ライブも行われている。このバーで2009年2月26日の夜、奈良美智氏が訪れてほろ酔い気分で壁に落書きをした。

それから10年経った今、メディアが彼の落書きに注目し数百万ドル(数億円)の価値があると報じている。『New York Post』によると、今月6日に競売会社サザビーズが香港で実施したオークションにて奈良氏の作品「ナイフ・ビハインド・バック」が同氏の作品としては世界最高額となる2490万USドル(約26億9800万円)で落札されたことにより、彼の落書きの価値が高まったそうだ。

奈良氏の落書きは、縦が3フィート(91.5センチ)横が8フィート(244センチ)の壁に少年や少女が楽器を演奏している様子が描かれている。専門家はこの落書きだけで500万ドル(約5憶4000万円)の価値があると話しており、その他トイレの入り口近くにも同氏が描いた少女の絵があるという。

「ナイアガラ」では現在、奈良氏の落書きにプレキシガラスでカバーをしており、訪れた人達が誰でも鑑賞できるようになっている。同店のバーテンダーであるジェレミーさんは、落書きについて「これを売りに出す予定はありません。このバーがここにある限り、彼の作品はここにあります」と話しているそうだ。

ちなみに奈良氏は「ナイアガラ」を訪れた後の2009年2月27日午前3時過ぎ、ニューヨーク市内の駅構内で落書きを理由に警察に逮捕された。24時間ほど拘留されたが罰則、罰金もなく釈放されている。その落書きは手のひらサイズですぐに消したというが、もしその落書きが今も残っていたなら人々の目を楽しませていたことは間違いないだろう。

画像は『New York Post 2019年10月10日付「Yoshitomo Nara’s decade-old doodles at East Village dive bar could be worth millions」(William Farrington)』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 MasumiMaher)

このニュースに関するつぶやき

  • バンクシー>真似するな!(どっちも落書きだろ!)
    • イイネ!0
    • コメント 0件
  • 一般人の落書きはいくら本人がアートといっても無許可なら犯罪です (・∀・)
    • イイネ!56
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(64件)

あなたにおすすめ

ニュース設定