ホーム > mixiニュース > エンタメ > 映画 > 佐藤健が圧倒された!『ひとよ』田中裕子の演技

佐藤健が圧倒された!『ひとよ』田中裕子の演技

3

2019年10月14日 08:12  シネマトゥデイ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

シネマトゥデイ

写真田中裕子と佐藤健 (C) 2019「ひとよ」製作委員会
田中裕子と佐藤健 (C) 2019「ひとよ」製作委員会

 佐藤健が、主演を務める映画『ひとよ』(11月8日公開)で共演した田中裕子について「理屈じゃなくて鳥肌が立った」と圧倒されたことを明かした。


 本作は、家族に暴力をふるう夫を殺したこはる(田中)が、15年ぶりに家に帰ってきたことから物語が展開する。こはるの子どもである長男・大樹(鈴木亮平)、次男・雄二(佐藤)、妹・園子(松岡茉優)が、不器用にぶつかり合いながら、絆を取り戻そうとするさまが描かれる。


 子どもたちを守るために夫を殺め、家族の人生を激変させてしまう母・こはる役の田中の細やかな演技アプローチの積み重ねは、スクリーンで圧倒的な存在感を放つ。メガホンをとった白石和彌監督は、本作の映画化の企画がスタートしたときから、こはる役に田中を熱望。2、3年越しでオファーし、スケジュールの確定を待って、俳優陣の中で最初に田中のキャスティングが実現した。


 白石監督は田中を「この映画の最大のミューズ」と称し、「田中さんが思っているこはるが明確にあって、それは僕も共感するところもあるし、この映画がどういう映画かということをある種、導いてくれるところまでやってくれている。やっぱり田中さんじゃないと成立しない映画だった」と称賛を惜しまない。


 雄二役の佐藤は、田中と芝居の中で目が合ったときに「理屈じゃなくて鳥肌が立った。田中さんが大女優と言われる理由を、言葉じゃなく体で感じられたのが本当に貴重な経験でした」と語っている。


 田中と以前から共演を望んでいた長男・大樹役の鈴木は、「撮影の合間なども、常に僕らと打ち解けるわけではなく、ちょっとしたぎこちなさを感じられる距離感を保ってくれたのが非常に助かりました」と複雑な親子を演じる上での田中の立ち居振る舞いに感謝し、「すごい役者さんというのは、自分だけじゃなくて一緒に居る状態から演技をしやすい状態を作ってくれる」とコメントを寄せている。


 長女・園子役の松岡は、田中との共演により、演技とそうでない部分の境界がわからなくなるほど没入していたことを告白。こはると一緒に布団に入り抱きしめられるシーンでは「思い切って深呼吸してみたら、わたしのお母さんとは違うんですが『お母さんの匂いだ』となぜかすごく実感した」というエピソードも。


 一方の田中は、初出演となった白石組、そして初共演となった佐藤、鈴木、松岡たちとの撮影を「充実した時間を過ごさせていただいた」と振り返っている。監督や共演者たちがリスペクトしてやまない田中の熱演を観ることができる本編を楽しみにしたい。(編集部・梅山富美子)


【関連情報】
佐藤健、念願だった白石和彌作品 出演に感無量
松岡茉優、いつだって前のめり くやしさは原動力
佐藤健、負けず嫌いは昔から

このニュースに関するつぶやき

  • 田中裕子さんは、『mother』でも魅せていましたね。
    • イイネ!0
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(1件)

あなたにおすすめ

ニュース設定