ホーム > mixiニュース > スポーツ > サッカー > クラブでの不振が代表にも影響? マグワイア「言い訳ではないが…」

クラブでの不振が代表にも影響? マグワイア「言い訳ではないが…」

0

2019年10月14日 14:41  サッカーキング

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

サッカーキング

写真敗戦を振り返ったマグワイア [写真]=Getty Images
敗戦を振り返ったマグワイア [写真]=Getty Images
 イングランド代表DFハリー・マグワイア(マンチェスター・U)が、同代表の不振はクラブチームの影響がある可能性を認めた。13日、イギリスメディア『スカイスポーツ』が伝えている。

 11日に行われたEURO2020予選でチェコ代表と対戦したイングランド代表は、ハリー・ケインがPKを決め先制したものの、1ー2で敗れ、EUROおよびワールドカップの予選では10年ぶりの黒星となった。

 マグワイアはキーラン・トリッピアー、マイケル・キーン、ダニー・ローズとともに最終ラインの一人としてフル出場。トリッピアーが所属するアトレティコ・マドリードはリーグ3位ではあるものの、ローズの所属するトッテナムは9位、マグワイアの所属するマンチェスター・Uは12位、キーンの所属するエヴァートンは18位とそれぞれ低調なシーズンを送ってしまっている。

 試合後、最終ラインに自信が欠けていたかと聞かれたマグワイアは、「そうかもしれないね」と認め、次のように続けた。

「僕たちはクラブのサッカーを代表に持ち込んでいる。誤解しないでもらいたいが、僕たちはだらだらと試合を始めてしまった。先制には成功したけど、それには値しなかったと思う。後半は前半よりも支配することはできたが、残念な失点を与えてしまい敗れてしまった。その辺りは改善していかないといけない」

「選手同士の関係性を発展させていきたいけど、それは難しいことでもある。クラブでプレーしていないから選ばれない選手がいたり、ケガをしてしまう選手もいる。でもそれに適応していかなければならない。代表でのプレーは基本的に毎キャンプごとに違う選手とプレーすることになる。そして新しい連携を築いていかなければならない。でも、それを言い訳にしている訳ではない。前回の試合よりもいいプレーをしなければならないし、前に進んでいきたい」

 イングランドは次戦、14日にアウェイでブルガリア代表と対戦する。

    あなたにおすすめ

    ニュース設定