ホーム > mixiニュース > ライフスタイル > 首コリ放置でシワに!?首シワを作らないマッサージ&保湿術

首コリ放置でシワに!?首シワを作らないマッサージ&保湿術

6

2019年10月14日 21:40  つやプラ

  • 限定公開( 6 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

つやプラ

写真40代からの女性のための美容・健康法とエイジングケア情報を発信する、美容マガジン
40代からの女性のための美容・健康法とエイジングケア情報を発信する、美容マガジン

年々、深くなったように感じる「首のシワ」。薄くて短いシワは乾燥によってできやすく、長く深いシワは筋肉のコリや姿勢のクセからできやすいものです。

乾燥対策には保湿が大事なので、お風呂上がりに顔の延長で乳液やクリームを塗りましょう。

エステティシャンの筆者が、「胸鎖乳突筋(きょうさにゅうとつきん)」という筋肉にアプローチするケア方法をご紹介します。

■まずは保湿が重要

浅いシワや表面のシワは、保湿不足で乾燥していることがひとつの原因です。

「顔のケアは首・デコルテまで」と意識し、首も顔同様の角質ケア&保湿をしていきましょう。

■首を伸ばすストレットをする

首を伸ばすストレットをする

スマホの見過ぎや長時間のパソコンの使用、重い荷物を持つことなどで、気がつけば首が前に出る「前傾姿勢」になっていませんか? この姿勢が長時間つづくと首が縮こまり、シワを刻みやすくなります。

さらに、首のコリが加われば、首が短く顔が大きく見えてしまいます。まずは、「シワを伸ばすイメージ」で首の前の筋肉を伸ばしましょう

写真のように手をフェイスラインと鎖骨上に置き、矢印の方向に軽く引っ張ることでしっかりと伸ばせます。

■首のマッサージ

首のマッサージ

首を横にかたむけた時に浮き上がるのが「胸鎖乳突筋」という筋肉です。そこをつまんで「痛い」「詰まっているな」という感覚がある場合は、軽くつまんでマッサージをしましょう。

上から下に向かって、気持ちいいと感じるくらいの強さでつまみながらマッサージしてほぐしていきます。正面だとわかりづらいので、少し顔を横に傾けた状態で行ってください。

ここの筋肉は、首のシワや口元のたるみ、バストアップなどにも関わる筋肉です。こって硬くなると、大顔やたるみ、口角が下向きになるなどの影響が出ることがあるので、硬いと感じる人はゆるめてあげましょう。

今回は、胸鎖乳突筋にアプローチするセルフケアをご紹介しました。首や肩のコリがある人は「痛い」と感じると思います。無理はせずに、気持ちいいくらいの力でストレッチやマッサージをしてみましょう。

特にストレッチは、デスクワークの合間にもこまめにやることで、正しい姿勢をキープしやすくなります。本来正しい姿勢ができていればコリにくい筋肉なので、普段の姿勢も意識して首のシワの予防と対策をしていきましょう。

(美容家・エステサロン&スクールSUHADA主宰 永松麻美自身のニキビ・激太りから容姿コンプレックスに陥り根暗な10代を過ごす。綺麗になるためエステの道へ。「綺麗になる」を通し心や人間関係、人生まで前向きに変わって行く経験を人に伝えるため美容家として活動中。)

動画・画像が表示されない場合はこちら

    あなたにおすすめ

    ランキングライフスタイル

    前日のランキングへ

    ニュース設定