ホーム > mixiニュース > トレンド > カップ麺用フォークのこだわり

カップヌードル専用フォークを発売 麺が絡みやすい突起、スープ逃がす溝、フタ固定も可能… 日清に聞いた

42

2019年10月15日 07:00  ウィズニュース

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ウィズニュース

写真「カップヌードル THE FORK」。右利きと左利きがあり、右利きが白、左利きが赤と色分けされています=日清食品ホールディングス提供
「カップヌードル THE FORK」。右利きと左利きがあり、右利きが白、左利きが赤と色分けされています=日清食品ホールディングス提供

 1971年に誕生した世界初のカップ麺「カップヌードル」。それを食べるための専用フォークが発売されます。調理して食べるまでのシーンを想定して「無駄なこだわり」を詰め込んだという商品について、日清食品を取材しました。

【画像】フォークの使い方&5つの特徴がこちら。背面でフタを固定、スープ逃がす溝、麺が絡みやすい突起…

フォークの特徴
 今月30日午前10時から、日清食品グループオンラインストアで取り扱いが始まる「カップヌードル THE FORK」。

 単体ではなく、カップヌードルシリーズの商品と一緒になった「カップヌードル THE FORK セット」(全12種類)として、限定3000セットが発売されます。

 ホームページではフォークの特徴を以下のように説明しています。

 ・カップの縁に沿わせ、心地良い食べ心地にこだわった、形状。

 ・具を単体で食べる事も想定して幅や形状にこだわった、ポケット。

 ・カップヌードル全種類のフタを固定出来るようにこだわった、背面のリブ。

 ・実験を重ね、麺や具材を口元へ運びやすいようにこだわった、最適な角度 (128度)。

 ・麺とスープの絡みやすさにこだわった、突起とスープを逃す溝。

 佐藤オオキ氏が代表を務める「nendo」がデザインを担当。右利きと左利きがあり、右利きが白、左利きが赤と色分けされています。

担当者に聞きました
 「ファンの方に喜んでいただきたく、購入してもらった際のノベルティという位置づけで制作しました。併せて、新規顧客や休眠ユーザーへのアプローチを含めたプロモーションとして考えています」

 そう話すのは、日清食品マーケティング部第1グループのマネージャー・三浦由視さんです。

 調理から食べるまでのあらゆるシーンを想定して、デザインと機能に「無駄なこだわり」を詰め込んだというこのフォーク。

 最適な角度については、何度も試食を重ねて設計。フタとカップを挟んでスライドさせると止めることが出来る背面のリブは、全てのサイズのカップヌードルで使える絶妙な幅にしてあるそうです。

 「『具を乗せられるポケット』で具だけをすくって味わっていただいたり、『麺を絡みやすくする突起』と『スープを逃がす溝』で麺のおいしさを味わっていただいたり、あらためて『カップヌードル』が持つ本来のおいしさを発見していただきたいです」と三浦さん。

先行キャンペーンも
 オンラインストアでの販売に先立ち、全国のローソンで10月15日から28日まで、カップヌードル THE FORKがもらえるキャンペーンを実施するそうです。

 対象商品2食を購入すると、フォーク1本がもらえます。1店舗当たり20本限定(右利き用18本、左利き用2本)。店舗により取り扱いがない場合があるのでご注意ください。

このニュースに関するつぶやき

  • おお!!これは素晴らしい。
    • イイネ!0
    • コメント 0件
  • 逆に食いにくそう。要らんわ。箸で十分🥢 https://mixi.at/agnsJpF
    • イイネ!18
    • コメント 6件

つぶやき一覧へ(29件)

あなたにおすすめ

ニュース設定