ホーム > mixiニュース > ライフスタイル > 妊娠を諦めるってどういうこと?妊活中の女性からの切実な問いかけ

妊娠を諦めるってどういうこと?妊活中の女性からの切実な問いかけ

0

2019年10月15日 08:31  ママスタジアム

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ママスタジアム

写真ママスタ
ママスタ


妊活中、女性は特にストレスがかかりがち。病院のアドバイスを受けながら、子どもを授かるためにタイミングをはかったり、日常の過ごし方を気をつけたり、いろいろと頑張っていても、生理が来るたびに落ち込んでしまうことでしょう。そんなストレスから解放されるひとつの方法として、妊活をやめるということが思い浮かぶかもしれません。しかし実際に妊活をしている方が決断するには、気持ちの整理なども必要になりそうですね。ママスタBBSにも妊活をしている方から妊娠を諦めることについて投稿がありました。
『ストレスから解放されたら自然妊娠できたと聞きます。でもストレスから解放される諦めはどういう気持ちでいればいいのだろう。もういいや、しばらく妊活はいいやと自分に言い聞かせても内心はキリキリしています。諦めたらできたって人は本気で諦めたのですか? ストレスから解放されるにはどうすればいいのでしょう』
この質問には、実際に妊活をしていたママからもコメントが寄せられています。実体験をもとにしたリアルな意見もあり、妊活をしている方の参考になるのではないでしょうか。

他のことを考えて行動してみる

『もういいやと諦めて、上の子と旅行をしたら楽しそうと考えたり、遠出もできると思って稼ぐぞ! と仕事に気合を入れ始めたら授かりました』
『諦めたというか、自然と吹っ切れた感じ。子どもと旦那と3人で出掛けた先で、今のままでも十分幸せじゃないか! と思えた。そうしたらその月に妊娠。その後、年子で3人目』
『2人目が不妊だった。不妊専門医に、妊娠は厳しいかも! とはっきり宣告されて夫婦ともに撃沈。「今いる子を大事にしよう!」と自然と思えた。そうしたら、その月に自然妊娠。その後、年子で3人目。はっきり無理だ! と宣告されて開き直れたんだと思う』
『いつ妊娠するか、妊娠できるのかさえわからずにモヤモヤして泣きそうになったとき、気持ちを切り替えました。子どもが産まれる前に何か資格を取って、出産後、仕事復帰できるようにと専門学校に申し込もうとしたら、直前に妊娠発覚しましたよ』
『諦めていたわけじゃないけど、今月はできなくてもいいやって旅行の予約をしていたときに妊娠した』
コメントを見ると、出産後のことを考えて資格取得を目指したり、気持ちを切り替えて旅行の予約をするなど、妊娠から考えが離れたら妊娠したという報告がありました。またすでに授かった子どもがいれば幸せというように、今の状態に満足感を得られた瞬間、妊娠が分かったというケースも。一方でいつまでに妊娠するというような期限の制約を設けることをやめたママもいらっしゃいました。
『いつまでにとか期限を決めるのをやめたよ。私の場合はそういう諦めかな。10月に諦めて2月に妊娠したよ』
こうでなければ、という決めごとを減らすのも、ストレス軽減につながるのかもしれませんね。

期待しないことが妊娠につながる?

『私は妊娠できないと理解してくれた方と再婚し、2ヶ月ですぐに子どもができました。医師も信じられないと言っていました。2人目は絶対無理と言われていて、まったく何の期待もせず過ごしていましたが、この間自然に授かりました』
医師から絶対無理と言われてしまうと、妊娠を期待する気持ちもなくなってしまいますよね。ですが期待をしないことで、かえって気持ちが楽になるのかもしれません。

諦められるわけないじゃない!

『諦めたらとかは、子どもができた後だから言えること。できるかわからないのに諦められるわけがない』
『今回は諦めた! 何も期待しない! と思ってても、やっぱり少しだけ期待しちゃう……』
『考えないようにするとか諦めるとか実際には無理だよね、みんなすごいと思う。私の何がいけないのって思うと泣きたくなるけれど、もう涙も出ないわ』
しかしやはり妊娠を諦めることはできないという意見もありました。「できるかわからない」という言葉からも、「諦めなければできるかもしれない」という女性の揺れ動く気持ちが伺えます。

諦めるのではなく妊活の休憩時間と考えてみる

『本気で諦めたわけではなく、妊活を始めてから初めて妊娠の願望を休憩させました。この一年間自分が思っていた以上に、妊活でリセットすることに対してストレスがあったのかなと思いました。諦めるのではなく、一旦休憩されてはどうでしょうか』
『完全に諦めたわけじゃなくて、休憩しようとか、視野を変えてみようとか。今は3人います』
『タイミングや人工受精に旦那がうんざり。けんかが絶えなかった。夫婦で話し合いをして、とりあえず妊活や病院通いはもうやめる。3年してまだほしい気持ちがあったら体外受精しようと決めました。お互い納得して久しぶりに自然に仲良ししたら、そのときにできました』
妊娠したいという願望をいったんしまって、妊活を休憩してみては? というアドバイスも。コメントにもあるように、いったん妊活を休憩してみたり、新しいことを始めたりするなど、夫婦で話し合い納得のいく方法を見つけるのも、ストレスから解放されることにつながるかもしれませんよ。

文・川崎さちえ 編集・岩崎幸恵

■ママスタセレクトで読む

    あなたにおすすめ

    ランキングライフスタイル

    前日のランキングへ

    ニュース設定