ホーム > mixiニュース > スポーツ > スポーツ総合 > ラグビーW杯「日本VSスコットランド」視聴率39.2% 試合終了で瞬間最高53.7%

ラグビーW杯「日本VSスコットランド」視聴率39.2% 試合終了で瞬間最高53.7%

0

2019年10月15日 10:36  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

写真(左から)ラファエレ ティモシー選手、堀江翔太選手、リーチ マイケル選手、福岡堅樹選手、ヴァンピー・ファンデルヴァルト選手 (C)ORICON NewS inc.
(左から)ラファエレ ティモシー選手、堀江翔太選手、リーチ マイケル選手、福岡堅樹選手、ヴァンピー・ファンデルヴァルト選手 (C)ORICON NewS inc.
 日本テレビが13日に中継したラグビーW杯『日本VSスコットランド』(後7:30〜9:54)の平均視聴率が39.2%だったことが15日、わかった(関東地区・ビデオリサーチ調べ)。

【貴重写真】DJ KOOのラグビー部時代の写真を公開

 瞬間最高視聴率は午後9時41分、ラックから出たボールを山中選手が蹴り出し、日本代表が史上初めて決勝トーナメントを決めた場面で、53.7%を記録した。本放送直前の事前番組『まもなく 日本×スコットランド』(後7:00〜7:30)も15.3%を記録するなど、ラグビーW杯が大きな盛り上がりを見せている。

 日本代表の次戦となる決勝トーナメント1回戦「VS南アフリカ戦」は、20日午後7時10分からNHKで中継される。

    あなたにおすすめ

    ニュース設定