ホーム > mixiニュース > スポーツ > 野球 > 投手よりも野手がカギ? 西武、ソフトバンク、楽天の「ドラフト補強ポイント」

投手よりも野手がカギ? 西武、ソフトバンク、楽天の「ドラフト補強ポイント」

3

2019年10月15日 16:00  AERA dot.

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

AERA dot.

写真駿河総合・紅林弘太郎 (c)朝日新聞社
駿河総合・紅林弘太郎 (c)朝日新聞社
 10月17日に行われるドラフト会議に向けて、各球団の動向が多く報じられる時期となった。今年は佐々木朗希(大船渡)、奥川恭伸(星稜)、森下暢仁(明治大)の三人の投手に注目が集まるが、もちろん彼ら以外にも有力な候補は少なくない。そこでNPB12球団の補強ポイントからどの選手を狙うべきかを考えてみたいと思う。最後となる今回はパ・リーグのAクラス3球団をお届けする。

【写真】「平成で最もカッコいいバッティングフォーム」はこの選手!

*  *  *
■楽天(パ・リーグ3位)

補強ポイント:二枚看板にかわるエース候補。捕手の底上げ

 最下位だった昨年から見事に3位浮上を果たした。投手陣は則本昂大、岸孝之の二枚看板が故障で機能しなかったところを美馬学、石橋良太、辛島航の中堅が踏ん張り、また抑えの松井裕樹が完全に復調したことが大きかった。しかし将来のエース候補として獲得した森雄大、安楽智大、藤平尚真が軒並み伸び悩んでいるのは大きな気がかり。将来ローテーションの太い柱になれる投手は獲得しておきたい。野手ではFAで獲得した浅村栄斗と新外国人のブラッシュの二人が長打力を発揮したことが大きい。辰己涼介、渡辺佳明のルーキー二人の活躍も目立った。チームの顔とも言える存在だった嶋基宏、FAで獲得した今江年晶の退団が決まり、世代交代を進めていくという方針が見えるだけに、捕手と内野手の層を更に厚くしておきたい。

 まずは大物投手を獲得したいところだが、東北の球団ということもあってやはり佐々木朗希(大船渡)が筆頭候補となるだろう。同じ東北の選手でもう一人面白いのが堀田賢慎(青森山田)だ。完成度は佐々木には劣るものの、長身から投げ下ろす最速151キロのストレートは迫力十分。1位で大物投手を獲得できなかった場合は、多少順位を繰り上げてでも狙いたい投手である。捕手では昨年2位で太田光を獲得しているが、レギュラー候補としては少し物足りないだけに一人は有力選手を狙いたい。嶋と同じようなタイプならば、郡司裕也(慶応大)が面白い。攻守ともに凄みには欠けるものの、とにかくプレーに安定感がある。高校、大学と大舞台を多く経験してきているのも大きな魅力だ。

■ソフトバンク(パ・リーグ2位)

補強ポイント:長打が期待できる中軸候補

 クライマックスシリーズは勝ち上がったものの、レギュラーシーズンは西武に競り負けて2年連続の2位に終わった。巨大戦力と言われ、選手層の厚さはさすがというところはあるものの、将来を考えると綻びが見え始めている。まず何より不安なのが野手の世代交代だ。内川聖一、松田宣浩は大ベテランの域に差し掛かっており、柳田悠岐も故障での離脱が増えている。中軸候補として期待された上林誠知、真砂勇介も伸び悩んでおり、若手で元気なのはリードオフマンタイプばかりという状況だ。一昨年は増田珠、昨年は野村大樹と水谷瞬と高校生の野手を積極的には指名しているものの、上位指名ではことごとく抽選を外したこともあって、大物感に乏しい印象は否めない。来年デスパイネとグラシアルの外国人が不振に陥るようなことになると、一気に得点力不足になる危険性もあるだろう。

 強いホークスを作った礎となったのは大物野手を積極的に獲得したドラフト戦略である。特に井口資仁、松中信彦、柴原洋の三人を上位で獲得した96年のドラフトが大きかったが、これに近いことを目指す時期に来ている。当時に比べると戦力は充実しているだけに、高校生を狙いたい。例えば石川昂弥(東邦)、井上広大(履正社)の超高校級打者二人を上位で指名し、3位で菊田拡和(常総学院)、紅林弘太郎(駿河総合)のいずれかを指名するというのはどうだろうか。投手陣はリリーフに不安はあるものの、若手にまだまだ成長が期待できる選手は多いだけに、無理して上位で大物を獲得する必要性は感じない。1位から4位まで野手というような思い切った指名も選択肢として十分に考えられるだろう。

■西武(パ・リーグ1位)

補強ポイント:リリーフ陣の整備。将来の中軸候補

 菊池雄星、浅村栄斗の投打の主力が流出しながらリーグ連覇を達成した。リーグ最下位の防御率の投手陣を強力打線がカバーするという戦い方は昨年と同じで、森友哉が首位打者、山川穂高がホームラン王、中村剛也が打点王と主要打撃タイトルをそれぞれ違う選手が獲得しているというのは凄いという他ない。普通に考えればドラフトでは弱点である投手を補強するというのがセオリーだが、年齢構成を考えるとそう簡単ではない。不動のリードオフマンである秋山翔吾がFAで移籍する可能性があり、また中村、栗山巧の二人は来季で37歳と年齢的な衰えが気がかりになっている。

 若手で元気なのは森くらいで、二軍まで見てもどのポジションも手薄な感じは否めないのだ。一方の投手は高橋光成、今井達也が苦しみながらも一本立ちする気配があり、今年は不振だった多和田真三郎や松本航もまだまだ成長が期待できる。昨年2位で獲得した渡辺勇太朗も楽しみな存在だ。リリーフ陣の手当は必要だが、少なくとも先発は将来を考えてもそれなりのコマは揃っていると言えるだろう。

 1位は佐々木、奥川、森下の誰かになりそうだが、23歳前後に主力が揃っていることを考えると高校生の方が望ましいように見える。いずれにしても抽選の可能性が高いため、ポイントとなるのは外した後だ。思い切って外れ1位で狙うのに面白いのが佐藤都志也(東洋大)だ。キャッチャーは森がいるが、打撃の負担を考えると休ませながら使いたい。佐藤は捕手だが内野、外野も守れ、打撃と走塁にも特長がある選手。森と佐藤を捕手として併用しながら1年を戦えば、攻撃力の低下を防ぐことができるだろう。また3位以降では菊田拡和(常総学院)、紅林弘太郎(駿河総合)などの強打者タイプの野手も狙いたい。投手ではリリーフの優先度が高い。宮田康喜(日本製鉄広畑)、伊勢大夢(明治大)、津留崎大成(慶応大)などは球威があり、西武に不足しているタイプだけに積極的に狙いたいところだ。(文・西尾典文)

●プロフィール
西尾典文
1979年生まれ。愛知県出身。筑波大学大学院で野球の動作解析について研究。主に高校野球、大学野球、社会人野球を中心に年間300試合以上を現場で取材し、執筆活動を行っている。ドラフト情報を研究する団体「プロアマ野球研究所(PABBlab)」主任研究員。

このニュースに関するつぶやき

  • 秋山が抜ける可能性もあるし残ったとしても木村はまだ打撃は安定してないから外野手を獲得してほしいし,投手はニール並に活躍できる投手をドラフトで獲ってほしいですね.
    • イイネ!1
    • コメント 0件
  • 秋山が抜ける可能性もあるし残ったとしても木村はまだ打撃は安定してないから外野手を獲得してほしいし,投手はニール並に活躍できる投手をドラフトで獲ってほしいですね.
    • イイネ!1
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(2件)

あなたにおすすめ

ニュース設定