ホーム > mixiニュース > スポーツ > サッカー > 南野が2発 タジキスタンに快勝

日本、南野2発と浅野のゴールでタジキスタンに快勝! 3連勝で首位キープ

101

2019年10月15日 23:10  サッカーキング

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

サッカーキング

写真日本代表とタジキスタン代表が対戦した [写真]=AP/アフロ
日本代表とタジキスタン代表が対戦した [写真]=AP/アフロ
 2022 FIFAワールドカップ カタール・アジア2次予選が15日に行われ、日本代表はアウェイでタジキスタン代表と対戦した。

 最初にチャンスを作ったのは日本。13分、中島翔哉が蹴った右CKに吉田麻也がボレーで合わせたが、GKに阻まれた。一方のタジキスタンは24分に決定機を迎える。高い位置でボールを奪うと、イーソン・パンシャンバがペナルティエリア内左に抜け出して左足でシュート。だが、ここはGK権田修一が好セーブで凌いだ。

 日本は31分、右CKに再び吉田が合わせたが、ヘディングシュートはわずかにゴール右へ逸れてしまう。45分にはエリア内左に抜け出した中島がクロスを入れると、中央でフリーになった南野拓実がヘディングで合わせたが、ここはGKの正面。スコアレスのまま前半を折り返した。

 後半に入り攻勢を強めた日本は53分、左サイドでボールを持った中島が右足でファーサイドにクロスを供給。上手くマークを外した南野がヘディングでゴール右上に叩き込み、待望の先制点を奪った。さらに直後の55分には酒井宏樹が右サイドからグラウンダーで折り返したボールを南野がヒールで合わせて追加点をマーク。リードを2点に広げた。

 その後は反撃に出るタジキスタンに苦しめられた日本だが、終盤の82分に決定的な3点目が決まる。酒井が右サイドから上げたクロスを途中出場の浅野拓磨がヘディングで豪快に合わせてネットを揺らした。

 3点リードの日本は87分に南野拓実との交代で久保建英がピッチへ。後半アディショナルタイムにはその久保が右サイドを突破し、折り返したボールを浅野が左足で狙ったが、惜しくもクロスバーを直撃。試合はこのままタイムアップを迎え、日本が3−0で勝利を収めた。

 次戦、日本は11月14日にアウェイでキルギス代表と対戦する。

【スコア】
タジキスタン代表 0−3 日本代表

【得点者】
0−1 53分 南野拓実(日本)
0−2 55分 南野拓実(日本)
0−3 82分 浅野拓磨(日本)

【スターティングメンバー】
日本代表(4−2−3−1)
権田修一;酒井宏樹、植田直通、吉田麻也、長友佑都;柴崎岳、橋本拳人;堂安律、南野拓実(87分 久保建英)、中島翔哉(64分 浅野拓磨);鎌田大地(80分 永井謙佑)

このニュースに関するつぶやき

  • タジキスタン結構よかったのにな…流石に持たなかったね、結構やるなって感じで面白かったんだけど…ってアジア各国もどんどんレベルが上がりつつある感じで今後さらに楽しみだわ
    • イイネ!1
    • コメント 1件
  • 浅野は一年ぶりで、久々ゴールでよかった( `ー´)ノカタールW杯本戦は確実につかんで欲しいよね。
    • イイネ!29
    • コメント 4件

つぶやき一覧へ(59件)

ランキングスポーツ

前日のランキングへ

ニュース設定