ホーム > mixiニュース > IT・インターネット > デジタル製品 > Googleが手頃で持ち運びやすいChrome OSマシン「Pixelbook Go」を発売 649ドルから

Googleが手頃で持ち運びやすいChrome OSマシン「Pixelbook Go」を発売 649ドルから

0

2019年10月16日 00:42  ITmedia PC USER

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ITmedia PC USER

写真Pixelbook Go(Not Pink)
Pixelbook Go(Not Pink)

 Googleは10月15日(米国東部夏時間)、Chrome OSを搭載する13.3型ノートPC「Pixelbook Go」を発表した。同日から米国とカナダで一部構成の予約を受け付け始めた他、イギリスでも1月から予約を受け付け始める予定。米国での販売価格は649ドル(約7万円)から1399ドル(約15万2000円)となっている。



【その他の画像】



(日本での発売は未定)



 Pixelbook Goは、クラムシェルタイプのボディーを持つことが特徴で、どこにでも持ち歩ける小型・軽量設計が魅力だ。ボディーサイズは約311(幅)×206.3(高さ)×13.4(厚さ)mmで、重量は約1061g(フルHD液晶モデル)または約1090g(4K液晶モデル)だ。



 CPUは第8世代Coreプロセッサで、内蔵ストレージはSSD、ディスプレイはタッチ操作対応の13.3型液晶を備える。発表時現在、以下の4構成が用意されている。



・Core m3、8GBメモリ、64GB SSD、フルHD液晶



・Core i5、8GBメモリ、128GB SSD、フルHD液晶



・Core i5、16GBメモリ、128GB SSD、フルHD液晶



・Core i7、16GBメモリ、256GB SSD、4K液晶



 ボディーはマグネシウム製で、画面ガラスにはCorningの「Concore Glass」を採用している。ボディーカラーはJust BlackとNot Pinkの2つを用意する。本体の裏面は、持ちやすいように波上の加工が施されている。



 キーボードは静音加工された「ハッシュキー」で、タイプ音も静かだという。暗所で使いやすいバックライトも付いている。



 本体のポート類は左側面にUSB Type-C端子とイヤフォン端子を、右側面にUSB Type-C端子を備えている。



 バッテリー容量はフルHD液晶モデルが45Wh、4K液晶モデルが56Whで、いずれのモデルも最長12時間の連続稼働に対応する。本体には45W(20V/2.25A)出力のACアダプターが付属する。このACアダプターはPixelスマートフォンでも利用可能だ。



 無線LAN(Wi-Fi)はIEEE 802.11ac/a/b/g/nに対応し、Bluetooth 4.2も利用できる。


    ニュース設定