ホーム > mixiニュース > ライフスタイル > 美肌作り&乾燥対策に◎毎日食べたい「秋のフルーツ」3つ

美肌作り&乾燥対策に◎毎日食べたい「秋のフルーツ」3つ

1

2019年10月16日 12:00  つやプラ

  • 限定公開( 1 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

つやプラ

写真40代からの女性のための美容・健康法とエイジングケア情報を発信する、美容マガジン
40代からの女性のための美容・健康法とエイジングケア情報を発信する、美容マガジン

空気が乾燥し、お肌の乾燥も気になり始める秋。美味しい秋のフルーツを食べてお肌の乾燥対策をしてみませんか?東洋医学では、秋のフルーツは身体を潤すと働きがあるとされています。

健康と美容に役立つ食スタイルを提案して16年の美養フードクリエイターである筆者が、毎日食べたいお肌を乾燥から守る秋のフルーツを3つご紹介します。

■毎日食べたい!美肌になれる秋フルーツ3つ

(1)柿

毎日食べたい!美肌になれる秋フルーツ3つ (1)柿

東洋医学において、柿は肺を潤す働きがあるフルーツとされています。「肺の華は皮膚」とされ、肺が潤うことで全身が潤い、お肌も潤うと考えられています。

また、柿は昔から「柿が赤くなると医者が青くなる」といわれるほど栄養価が高いことで知られています。ビタミンCやカロテノイド、タンニンなどの免疫をサポートする成分が豊富なため、風邪の季節に備え、強い身体づくりにも役立つフルーツです。ただし、身体を冷やす性質がありますから、食べ過ぎには注意しましょう。

(2)ブドウ

毎日食べたい!美肌になれる秋フルーツ3つ (2)ブドウ

ポリフェノールが豊富で、アンチエイジングにも役立つブドウ。ブドウもまた身体を潤すフルーツとされています。

ブドウには、グリーンと紫のものがあります。アンチエイジングで有名なレスベラトロールの含有量が多いのはグリーンのブドウです。一方で、抗酸化力や抗菌力のあるカテキンやアントシアニンの含有量が多いのは紫のブドウ。いずれの成分も、皮の部分に多く含まれていますから、皮ごと食べられるブドウを選び、よく洗って皮ごと食べましょう

(3)プルーン

毎日食べたい!美肌になれる秋フルーツ3つ (3)プルーン

ドライフルーツでお馴染みのプルーンですが、晩夏〜初秋にかけてはフレッシュなプルーンが出回ります。

プルーンもまた、体内の水分バランスを調えて身体を潤すフルーツとされています。水溶性食物繊維も多いため、便秘対策にもおすすめのフルーツです。 熟していないフレッシュなプルーンは、とても酸っぱいので、皮が白っぽいものを選び、指で押してかるく弾力を感じるような柔らかさになってから食べましょう。

旬のものには、その季節にあった働きがあります。秋のフルーツを美味しく食べて、美肌作りをサポートしたいですね。

(美養フードクリエイター・中医薬膳師 岩田まなみ 料理教室Manami’s Kitchen主宰。パリのEcole Ritz Escoffierにてフランス料理を学びDiploma取得、本草薬膳学院にて薬膳を学び、中医薬膳師の資格を取得。健康リズムカウンセラー、味覚カウンセラー(スタンダード)。自著「ベジフル発酵ジュースとレシピ」(2018年・日東書院本社)、「ヤセ菌が増えて太らない食べ方」(2016年・自由国民社)。コラム執筆、雑誌、TVなど多数のメディア出演実績がある。)

動画・画像が表示されない場合はこちら

    あなたにおすすめ

    ニュース設定