ホーム > mixiニュース > エンタメ > 芸能総合 > 平成のブレイク芸人がスタイリッシュにイケメン化 あのキメ台詞も月日を超えて蘇る

平成のブレイク芸人がスタイリッシュにイケメン化 あのキメ台詞も月日を超えて蘇る

0

2019年10月16日 16:46  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

写真あの代表ネタを披露する波田陽区
あの代表ネタを披露する波田陽区
 クールポコ。、ねづっち、波田陽区ら平成を彩った芸人たちの出演する男性用化粧品『uno』の新ウェブ動画CMが公開した。あのキメ台詞はもちろんのこと、化粧品のCMらしく、スタイリッシュでイケメン化した彼らもみることができる。

【写真】爽やか! スタイリッシュにイケメン化した波田陽区

 30 代前後の男性をターゲットとした新商品『ウーノ バイタルクリームパーフェクション』のコンセプトである「10 年後の肌に差をつけよう」を分かりやすく表現するために、平成の時代に大ブレイクした3 組のお笑い芸人が登場。“かつての自分”と“年齢を重ねた現在の姿”を対比したネタをそれぞれ披露する。クールポコ。の「やっちまったな〜」、ねづっちの「即興なぞかけ」、波田陽区の「残念!」、それぞれインパクトのある名台詞や代表ネタと“10 年後の肌”とをうまく掛け合わせ、こみ上げる懐かしさと同時に、10 年という年月が過ぎることの早さが表現されている。

 披露するネタは芸人たちのアイディアがふんだんに取り入れられており、特にねづっちは打ち合わせでいくつもの即興なぞかけを披露し、現場を盛り上げていた。

 同CM 後半部分では、ヘアメイクとスキンケアを施しスタイリッシュな衣装に身を包んだ“カッコイイ姿”もそれぞれ見ることができる。おなじみのコスチュームとは異なり、見違えるように格好よく変身した3組のコントラストも必見だ。


動画を別画面で再生する


    あなたにおすすめ

    ニュース設定