ホーム > mixiニュース > コラム > 56歳貯金5000万円。子どもが3人いますが、ストレスで早期リタイアを検討中…

56歳貯金5000万円。子どもが3人いますが、ストレスで早期リタイアを検討中…

2

2019年10月16日 22:22  All About

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

All About

写真皆さんから寄せられた家計の悩みにお答えする、その名も「マネープランクリニック」。今回の相談者は、ストレスが原因で早期リタイアを検討している56歳の会社員男性。ファイナンシャル・プランナーの深野康彦さんがアドバイスします。
皆さんから寄せられた家計の悩みにお答えする、その名も「マネープランクリニック」。今回の相談者は、ストレスが原因で早期リタイアを検討している56歳の会社員男性。ファイナンシャル・プランナーの深野康彦さんがアドバイスします。

早期リタイアで資金的に問題はないでしょうか?

皆さんから寄せられた家計の悩みにお答えする、その名も「マネープランクリニック」。今回の相談者は、ストレスが原因で早期リタイアを検討している56歳の会社員男性。

ただし、子どもは3人、下の子どもはまだ保育園。さらに親の介護で実家に戻る可能性もあるといいます。ファイナンシャル・プランナーの深野康彦さんがアドバイスします。

相談者

Nさん(仮名)
男性/会社員/56歳
関東/持ち家・マンション

家族構成

妻(パート/40代)、長男(中学2年)、長女(小学5年)、次女(保育園)

相談内容

定年まであと5年ですが、仕事のストレスで早期リタイアしたいと思っています。

子ども3人はすべて公立学校と考えており、それぞれ18歳で500万円以上は教育費として積み立てています。

妻はいまパートで月5万円ほどの収入ですが、わたしが退職したらフルタイムで働くことに同意してくれています。私のアルバイトと合わせ、月収30万円程度と想定しています。

数年前にがんの手術を受け、私の保険料は以降払っていません。個人年金を掛けています。保険料は個人年金、妻の保険と子どもの共済保険です。

投資は日本株1700万円(配当、優待重視)、米国株2000万円(ハイテク株7割)くらいで運用しています。住居は分譲マンションでローンはなく、資産価値は2000万円くらいあります。退職金も今すぐ退職しても2500万円くらいあると思います。

他県の実家に老母がおり(父親は施設)、両親の生活費は年金と不動産収入で賄っていますが、状況によっては私のみ帰る可能性もあります。この状況で早期リタイアは可能でしょうか?

家計収支データ

Nさんの家計収支データ


家計収支データ補足

(1)ボーナスの使いみちについて
まず、社内預金に160万円を入れる。そして、年払いコストや不定期コストとして発生する学資保険74万円、固定資産税18万円、旅行レジャー費50万円、車検費用7万5000円(年割り)、その他クルマ維持費(税金、保険料)や生活費の補てん分を、社内預金から支払っている。それで社内預金はほとんどなくなるとのこと。

(2)加入保険について
・夫/個人年金保険(60歳で10年確定、年金額100万円)
・妻/医療共済(入院5000円、他)
・長男/学資保険(17歳満期、満期金500万円)=年払い保険料26万円(支払いはあと5回)
・次女/
学資保険1(18〜22歳に分割で計510万円)=払込み終了 
学資保険2(18〜21歳に分割で計280万円)=年払い保険料48万円(支払いはあと3回)

(3)妻の小遣いについて
自分のパート収入を自分で使っている。もしくは貯蓄しているかもしれない。どちらにしても夫は関与していないとのこと。

(4)教育費について
学習塾、習い事、学校費用など

(5)奥様の働き方について
現在のパート先で正社員になる研修を受け、希望すればフルタイム勤務が可能。

(6)お子さんの進路・教育費について
大学も国公立を希望。ただし仕送り費が発生する場合は負担するつもり。

(7)公的年金について
夫は「ねんきん定期便」で年間250万円。ただし60歳まで勤務した場合。

(8)実家行きと相続について
実家に帰るのは母親の介護のため。実家は不動産で1800万円程度の資産価値。相続人として兄弟がいる。

FP深野康彦の3つのアドバイス

アドバイス1:健康を考慮すれば、積極的に早期リタイアを
アドバイス2:まずは妻のフルタイム勤務を確定させる
アドバイス3:親の介護費用は親の資金でまかなう

アドバイス1:健康を考慮すれば、積極的に早期リタイアを

結論から申し上げれば、早期リタイアされても資金的にはほぼ問題ないと考えます。お子さんがまだ小さいという点で不安もあるでしょうが、仕事が原因で体調が優れないなら、すぐにでも退職して、まずは健康を取り戻すべきでしょう。

早期リタイアが可能という根拠として、ともあれ試算をしてみます。

仮にNさんは今すぐ退職してアルバイトに、同時に奥様がパートからフルタイムに切り替わったとします。世帯収入は夫婦合算で30万円(手取り額。児童手当はここでは考慮せず)。

生活費の月46万6000円がリタイア後もしばらく変わらなければ、毎月16万6000円が不足します。65歳までの10年間で約2000万円。

これにボーナスから捻出しているコストを加算します。途中で払込みが終わる保険を除いて、これも今と変わらなければ、その額、10年間で約1000万円。つまり、計3000万円を生活費としては不足します。

また、この間の大きな支出として、まずは教育費。多く見積もって3人で計3000万円とします。ただし、先の生活費から月9万円を計上しているので、そこから10年分を差し引くと、新たに必要なコストは約1900万円。

これにクルマの買い替え費用として200万円を加えると、2100万円。結果、5100万円を貯蓄から引き出すことになります。

では、その貯蓄=金融資産はどの程度用意できるでしょうか。

貯蓄(銀行預金)が900万円、投資商品が4100万円(純金積立は便宜上、ストップしたとして試算)、今後受け取る児童手当の総額が約280万円、学資保険の満期金が計1390万円、個人年金保険の年金額も前倒しで加算すれば1000万円、退職金が2500万円。これを合計すると、1億170万円。

したがって、教育費は一部前倒しで試算していますが、Nさん65歳の時点で手元に残る資金=老後資金は5070万円ということになります。

65歳以降は、Nさんの収入は公的年金(手取りで15万円程度)だけとします。一方、生活費もボーナスから捻出していた分を含めても、毎月30万円程度には減っているはず。

それでも、奥様が60歳までフルタイム勤務とすれば、Nさんが75歳までは老後資金には手を付けずに済むと考えられます。あるいは毎月、数万円貯蓄することもおそらく可能でしょう。

75歳以降、世帯収入は年金だけとなったとして、生活費の不足額が月5万円(平均的不足額)とすると、年間で60万円。Nさん90歳までの15年間で900万円を老後資金から引き出します。

さらに奥様が90歳になるまでの15年間で同じく900万円を捻出しても、まだ3200万円が手元に残ります。住宅のリフオームやクルマの買い替え、介護の費用を考慮しても、それらが一般的なコストなら十分足りると考えられます。

アドバイス2:まずは妻のフルタイム勤務を確定させる

試算はあくまで試算ですが、今後のマネープランを考える上ではひとつの目安になるはずです。ただし、この試算は「奥様がフルタイム勤務で60歳まで働く」ことが前提条件となっています。

したがって、順番としては、まずは奥様のフルタイム勤務が確定してから、Nさんの早期退職となります。また、試算ではすぐにアルバイトを始めることになっていますが、健康上必要であれば半年〜1年程度、仕事を離れても資産的には問題はありません。

とはいえ、奥様がフルタイムとなれば、家事、育児でNさんが負担する分が増えていくはず。今後も夫婦の協力が不可欠ということです。

家計では、まずはこれ以上、支出を増やさないこと。何か増えれば、何かを削るといった家計管理は怠らないでください。

加えて、投資額もこれ以上増やさない。そして、利益が出ているものから少しずつ売却して、資産に対する投資商品の比率を下げていくことが必要でしょう。

加えて、資金的には現時点で十分余裕がありますから、学資保険の残りの支払い分は一括払いでいいのでは。

アドバイス3:親の介護費用は親の資金でまかなう

最後に、もしも親御さんの介護で実家に戻られる状況となった場合、単身なら資金的には問題はないと思います。親の介護費用は親の資金で行う、ということが基本的な考え方ですから。

ただし、家族全員となった場合、奥様のフルタイム勤務がそちらでも可能かどうか。自宅を売却できたとして、それで得た資金で収入の不足分が穴埋めできればいいですが、そこは慎重に進めた方がいいでしょう。

相談者「N」さんより寄せられた感想

ご回答、アドバイスありがとうございました。早期リタイアが可能と確認できとりあえずホッとしました。あと少しなんとか頑張って勤務したいと思います。

この件をきっかけに、妻ともいろいろと話し合うことができて良かったです。今後も協力して、家族仲良く過ごしていきたいと思います。

教えてくれたのは……深野 康彦さん

マネープランクリニックでもおなじみのベテランFPの1人。さまざまなメディアを通じて、家計管理の方法や投資の啓蒙などお金周り全般に関する情報を発信しています。All About貯蓄・投資信託ガイドとしても活躍中。

取材・文:清水京武
(文:あるじゃん 編集部)

このニュースに関するつぶやき

  • 資産は十分と思えますけど年齢の割にはお子さんが小さくて不安ですね。奥様が世帯主になった時にご主人とお子さんでどれだけ家事の負担をできるかで違ってきそうな気がします。
    • イイネ!0
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(1件)

あなたにおすすめ

前日のランキングへ

ニュース設定