ホーム > mixiニュース > エンタメ > 芸能総合 > 台湾の人気俳優フィガロ・チェン、眞島秀和と文化交流?『サウナーマン』第7話

台湾の人気俳優フィガロ・チェン、眞島秀和と文化交流?『サウナーマン』第7話

0

2019年10月17日 05:11  テレビドガッチ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

テレビドガッチ

台湾の人気俳優フィガロ・ツェンが、10月20日に放送される眞島秀和主演のドラマ『サウナーマン〜汗か涙かわからない〜』(ABC、毎週日曜25:57〜※関西ローカル)の第7話にゲスト出演する。

同ドラマは、オレンジ色に火照った男たちの汗が滴り落ちるサウナを舞台に、10年間涙を流していない黒柳ヨシトモ(眞島)がサウナにやってくる様々な客たちの熱い人間模様を通じて心を取り戻していく人情ドラマ(全10話30エピソード)。サウナの常連客役で山中崇、七瀬公、仁科貴、北川尚弥がレギュラー出演するほか、実力派から今後の活躍が期待される若手俳優、2.5次元舞台俳優、スポーツ選手までバラエティ溢れるキャストがゲスト出演し、作品を盛り上げる。

この日は、第19汗「呼び捨て」、第20汗「西の国から 前編」、第21汗「西の国から 後編」を放送。フィガロの他に寺中寿之、水間ロンがゲスト出演する。

<あらすじ>
南野シューイチ(山中)は、同い年とわかった黒柳ヨシトモ(眞島)に、互いの名前を「呼び捨て」にしようと提案する。しかし、「呼び捨て」の壁はヨシトモには意外と高く……。そんな中、2人にいきなり愚痴をぶちまけ始める謎の中年男性が乱入? 中国人従兄弟も登場し、不思議な文化交流が繰り広げられる!

    あなたにおすすめ

    ランキングエンタメ

    前日のランキングへ

    ニュース設定