ホーム > mixiニュース > エンタメ > 芸能総合 > 木下優樹菜「恫喝騒動」が収束しないウラに“理想の夫婦ランキング1位”の呪い

木下優樹菜「恫喝騒動」が収束しないウラに“理想の夫婦ランキング1位”の呪い

10

2019年10月17日 06:00  週刊女性PRIME

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

週刊女性PRIME

写真夫婦で登壇した『P&G』のイベント
夫婦で登壇した『P&G』のイベント

 木下優樹菜が「タピオカ店のオーナーを恫喝している」というすごい響きのニュースがネットを中心に騒がれている。

 今年オープンしたタピオカ店のオーナーと、ママ友であった木下の姉との間でトラブルが発生。それに馳せ参じるかたちでオーナーに送った脅迫めいたインスタのDMがネット上に晒され、謝罪するまでに追い込まれてしまった。

 かつて週刊誌に「半年で14人の逮捕者を出した学校を卒業した」と報じられたほどの元ヤン&おバカキャラというスタイルで急激にブレイク。フジモンこと藤本敏史と'10年に結婚し、2人の子どもに恵まれてからは『理想のママランキング』(GIRLS'TREND研究所)で4年連続1位を獲得。ワタベウェディングが実施した『理想の芸能人夫婦』では、なんと5年連続で1位に輝くなど(もはや毎年同じ人に聞いてやしないか……?)ママタレとして確固たる地位を築いてきたユッキーナ。

 おバカタレント時代の持ちネタ、「チョリーッス」をいつ封印したかをまったく気づかせないほど華麗なジョブチェンジでうまく“理想のママタレ”へと転身したかと思えば、「タピオカ店オーナーを恫喝」である。『三つ子の魂百まで』とはこのことか。

『理想の夫婦』という呪い

 何が本当のことなのか、トラブルの真相は本人たちのみぞ知るといったところだが、ツイッター上に流出したインスタDMの文言がとにかくヤバかった。

《これからの出方次第でこっちも事務所総出でやりますね》

《いい年こいたばばあにいちいち言うことじゃないと思うしばかばかしいんだけどさー(中略)今のうちに、謝るところ謝るなり、認めるところ認めて、筋道くらいとおしなよ》

 まさに一点の曇りもないほどのドヤンぶりである。英字がたくさんプリントされたスウェットを着ながらこの文を打ったのだろうか。そしてキティちゃんの健康サンダルを履いて深夜のコンビニに夜食でも買いに行ったのだろうか。そんな情景が浮かぶ文体だ。

 当然ながら、彼女のインスタのコメント欄は非難のオンパレードである。

 かつてベッキーも例の不倫騒動のときに「センテンス スプリング!」とのLINEが流出して大ごとになったが、やはり個人宛のLINEやDMだと人間味がモロに出てしまうということもあるのか、妙に炎上ぶりに拍車がかかる気がしてならない。スクリーンショットという画像の仕様だからこそ、拡散力が半端ないということもあるのだろう。

 ここで気になるのは彼女を投票数で支え、『理想のママ』ランキング1位に君臨させ続けてきたファンの存在である。

 ユッキーナは'09年から『MY HOMIE 木下組』というファンクラブを発足させ(つまり彼女は組長……?)、定期的にファンと『集会』(こちらも今となっては意味深な表現)と称してイベントを行ない、大盛況を呼び続けてきたという。しかし、そんなファンたちも今回の件には落胆の色を隠せない人も少なくないようで、

ユッキーナが相手方に送ったDMの内容は本当に稚拙で残念な姿でした。けど失敗は誰でもする。がんばって!

娘ちゃんたちに素敵なママだと思ってもらえるよう、言葉使いや発言には気をつけてくださいね いつまでもヤンキーじゃないんだから

 と、インスタのコメント欄にもガッカリの色が滲んでいることがわかる。「昔は私も色々とワルやってきたけどさぁ〜」が今の彼女のポジションを確立させたわけで、「今もワルなんだけどさぁ〜」では全く笑えない。『理想のママ』が人を恫喝するというのは、学校教師がイジメをしているのと同じくらいのありえなさなのかもしれない。

 結果、夫のフジモンとの共演が話題だった『P&G』のCMもホームページから動画が削除されるということに。『理想の芸能人夫婦』であるがゆえに、夫にも飛び火しているかたちだ。

“夫婦のいざこざ”ならいざ知らず

 芸能界でおしどり夫婦と呼ばれてきたカップルのトラブルはこれまでもあった。高橋ジョージ・三船美佳や船越英一郎・松居一代夫婦もかつて衝撃のトラブルが報じられてきたが、これらはすべて夫婦間で起こった問題だ。

「娘と引き裂かれた。娘を返してくれ」と、もはや第何章に突入したかわからない地獄の“ロード”をジョージが歩もうが、一代がYouTuberデビューして「夫がバイアグラを常飲している」と暴露しようが、結局世間はただ、“夫婦間のいざこざじゃん”で片付けることができた。

 今回、話がややこしいのは一般人を巻き込んだ恫喝騒動であるからにほかならない。フジモンが「ユキナを許します!」と宣言してどうにかなる話でもなければ、世間に「ユキナを許してください!」と頭を下げるのも違うような気がする。うーん、難しい。

 現時点でフジモンが自ら何かを発信できるインスタ・ツイッター・ブログなどを持っていないことが逆に彼への注目を集めている。もしやっていようものなら信じられない数のコメントが寄せられていたに違いない。すでに放送予定の出演番組が中止になったという報道もあった。しかし、売れっ子のフジモンである。いつまでも世間の前に姿を現さないわけにもいかないだろう──。

 今、世間がもっとも興味を寄せているのがフジモンからどんな言葉が発せられるか、だ。それは皆が『理想の妻が失態をおかしたとき、理想の夫はどう対処するのか』を見たいからではないか。

 芸人らしく笑いに変えてみても非難の声は増しそうだし、『P&G』のCMでもラブラブぶりをみせつけたわけなので、いっさい無言を貫くというのも違うだろう。

 夫婦で会見でもやるのか。その場合、どんな顔をして何を喋ればいいのか。“いつも明るく楽しいフジモン一家”を世間に表明していたからこそ、何をやっても不正解な気がしてならない。まさに八方ふさがり。

『理想の芸能人夫婦ランキング1位』っちゅうのは、とんでもない足枷だったのだ。

〈皿乃まる美・コラムニスト〉  

このニュースに関するつぶやき

  • 木下・・パクパク葛飾のズベコウ? 変身しようがお里が知れる〜沁みついた汚れがにじみ出てしまうのですよ〜
    • イイネ!2
    • コメント 0件
  • 理想の夫婦ではないことは最初から分かってただろうに。
    • イイネ!6
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(5件)

ニュース設定