ホーム > mixiニュース > コラム > イクメンなくなる、理想の環境

「イクメンがなくなる日」マンガ家があえて描いた「理想の子育て環境」 幼い頃、両親が見せたかっこよさ

115

2019年10月17日 07:00  ウィズニュース

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ウィズニュース

写真小柳かおりさんの「イクメンが変えたやわらかな世界」=コミチ
小柳かおりさんの「イクメンが変えたやわらかな世界」=コミチ

 10月19日は、「イクメンの日」。みなさんは「イクメン」という言葉にどんなイメージを持っていますか? 少しずつ男性が育児しやすい環境は整ってきていますが、この先はどうなっていくのでしょうか。漫画のSNSを運営する「コミチ」とwithnewsがコラボし、「#ミライのイクメン」をテーマに作品を募集した企画。大賞に決まったのは、「イクメン」という言葉が使われなくなった未来を描いた、小柳かおりさんの「イクメンが変えたやわらかな世界」です。あえて「理想の未来」を描いたという小柳さん。そこには作者自身が見てきた両親の姿がありました。(朝日新聞デジタル編集部・野口みな子)

【マンガ本編はこちら】「イクメン」がなくなった未来 会社はこう変われる…幼い頃見た、両親のかっこよさ

漫画「イクメンが変えたやわらかな世界」
 漫画「イクメンが変えたやわらかな世界」の舞台はそう遠くない未来。小学生の主人公の目線で、「イクメン」という言葉が使われなくなった世界を描いています。

 小学校からの帰り道、主人公の純一はいつものように父が働く会社を訪れます。父の同僚も慣れた様子で、「パパは?」と聞くと「今ミーティング中だよ」と教えてくれます。

 会社には、純一と同じように学校帰りに立ち寄った女の子がいて、父の同僚たちも優しく接してくれます。父の仕事が終わるのを待つ間も、みんなが遊んでくれるので寂しくありません。そんな中、純一は父の言葉を思い出します。

 「純ちゃんが生まれる前は、子育てに参加する父親のことを『イクメン』と言ったんだ。『イクメン』がみんなの働き方を変えてくれたんだよ」

 作中では当たり前に運用されている育休やリモートワーク、社内の保育所は、育児をする男性の願いから実現したものでした。

 それに、変化があったのは育児にまつわる制度や環境だけではありません。社内には「集中エリア」という個室スペースが設けられ、理由にかかわらず、在宅勤務も柔軟に選べます。子育てしていても、していなくても、「特別扱い」のない働きやすい環境が整えられていました。

 父と一緒に帰路につく純一。夕食は外食にしようと相談をしています。ちょうど仕事が終わった母と合流するようです。「今日楽しかったか?」と父に聞かれ、漫画はこうしめくくられています。

 「かいしゃに行くと パパがいてみんながいて たくさん遊んでくれるから 毎日たのしいんだ!」

会社のコミュニティの中で育った小学校時代
 「自分自身がこういう風に育ってきたんですよね」と語るのは、作者の小柳かおりさん。物語のベースにしたのは幼い頃の日常でした。

 小柳さんの両親は、福岡でデザイン会社を経営しています。自宅近くに事務所を構えていましたが、広告業界の仕事は忙しく、帰宅が21時や22時になることも。そんな時、小学生の頃の小柳さんは、妹と一緒に学校帰りに事務所に向かい、両親の仕事が終わるのを待つのが日課だったといいます。

 「今思えば迷惑だったかもしれないですが、職場の人にも結構遊んでもらいました。気付いたら会社のソファで寝てしまっていたことも、帰り道に家族で居酒屋でごはんを食べたことも、思い出のひとつです」

 中高生になり放課後は友だちと過ごすようになっても、時々事務所に立ち寄っていたそうです。当時はさほど意識していなかったといいますが、会社の大人たちに見守られながら育ち、父や母が働く姿も身近に感じてきたといいます。

 「家族といえば、家でみんなで食卓を囲むイメージがあるかもしれませんが、さみしさはありませんでした。自分が大人になってから思うのは、働いている父や母はかっこよく見えたし、これが両親なりの子育てだったんじゃないかなと思います」

育児・介護にかかわらず、働きやすい社会に
 小柳さんはコミチやTwitterで漫画を発信する傍ら、ITコンサルタントとして働く会社員でもあります。会社には子育てをする同僚が、男女問わず身近にいるといいます。「イクメン」や子育てをする男性については、どんなことを感じているのでしょうか。

 「『イクメン』という名前で、子育てに注力したい男性が認知されたおかげで、10年ほど前と比べても、出産の立ち会いや子どもの急病などを理由に、男性が堂々と休みを申し出やすくなっていると感じています。当時よく耳にしていた『ワーママ(働く母親)』が定着したように、イクメンも当たり前のことになっていくのではないでしょうか」

 そんな思いから、小柳さんは「イクメン」という言葉が使われなくなった未来を漫画に描きました。気をつけたのは、子育てに関わる人だけではなく、すべての人が働きやすい未来をイメージしたことです。

 「現状、育児や介護を抱えている同僚がいて、仕事量を調整することになれば、『理由がない人』のところに仕事が回ってきます。そこは譲り合いなので仕方のないことですが、もしかしたら不平等と感じる人もいるかもしれません。それがなくなると本当はいいですよね」

 だからこそ、作中では理由を問わず、誰にでも利用できる制度が登場します。「集中エリア」や在宅勤務など、働く場所や時間も柔軟に選べることで、「我慢や不満が溜まらない環境や文化があるといいなあと思います」。

理想「まずは語らないと」
 「私の漫画は、理想にすぎないかもしれません」と話す小柳さん。自身が育ってきた環境は、自宅の近くに両親の事務所があったり、大きな規模ではなかったり、優しい人に囲まれていたり……。「実際のところは、こんなにうまくいかないかもしれない」とも語ります。

 「だけど、まずは語らないと実現しないと思うんです」

 例えば10年前、半年や1年の間、育児休業を取れた男性はどれくらいいたでしょうか。「イクメン」を取り巻く、会社の雰囲気はどうだったでしょうか。「まさに今は過渡期だと思う」としながらも、小柳さんは続けます。

 「希望や理想を語り続けることで、10年先に変えられることがあるのではないでしょうか」

 小柳さんはコミチやTwitterなどを中心に、今回の作品のようなやわらかなタッチでありつつ、考えさせられるマンガを発信しています。今後の作品にも目が離せません。

 小柳さんのTwitter:@kaokaokaoriri

    ◇

 withnewsは2018年10月から、マンガのSNSを運営する「コミチ」とコラボ企画を始めました。毎月のテーマに沿って、日常の生活や社会に感じる「モヤモヤ」を漫画で可視化し、「社会がちょっとよくなるかもしれない」アイディアを発信する作品を募集しています。応募作品は、コミチのサイト(https://comici.jp/stories/?id=285)でご覧ください。たくさんのご応募、ありがとうございました!

父親のモヤモヤ、お寄せください
 仕事と家庭とのバランスに葛藤を抱え、子育ての主体と見られず疎外感を覚える――。共働き世帯が増え、家事や育児を分かち合うようになり、「父親」もまた、このようにモヤモヤすることがあります。

 一方、「ワンオペ育児」に「上から目線」と、家事や育児の大部分を担い、パートナーとのやりとりに不快感を覚えるのは、多くの場合「母親」です。父親のモヤモヤにぴんとこず、いら立つ人もいるでしょう。「父親がモヤモヤ?」と。
父親のモヤモヤは、多くの母親がこれまで直面した困難の追体験かもしれません。あるいは、父親に特有の事情があるかもしれません。いずれにしても、モヤモヤの裏には、往々にして、性別役割や働き方などの問題がひそんでいます。

 それらを語り、変えようとすることは、誰にとっても生きやすい社会づくりにつながるはずです。語ることに躊躇しながら、でも、#父親のモヤモヤ について考えていきたいと思います。

     ◇

 記事に関する感想をお寄せください。母親を子育ての主体とみなす「母性神話」というキーワードでも、モヤモヤや体験を募ります。こうした「母性神話」は根強く残っていますが、「出産と母乳での授乳以外は父親もできる」といった考え方も、少しずつ広まってきました。みなさんはどう思いますか?

 いずれも連絡先を明記のうえ、メール(seikatsu@asahi.com)、ファクス(03・5540・7354)、または郵便(〒104・8011=住所不要)で、朝日新聞文化くらし報道部「父親のモヤモヤ」係へお寄せください。

このニュースに関するつぶやき

  • 子供はみんなで育てるもんやで。 https://mixi.at/agpyjGx
    • イイネ!10
    • コメント 0件
  • よくイクメンて賞されるけど、自分の子供を育てるのが何故そんなに偉いのか。全くもって当たり前じゃない? https://mixi.at/agpyjGx
    • イイネ!83
    • コメント 1件

つぶやき一覧へ(83件)

あなたにおすすめ

前日のランキングへ

ニュース設定