ホーム > mixiニュース > IT・インターネット > IT総合 > 講談社、読者のオタク的要素に着目したネット広告プラットフォーム「OTAKAD」を提供

講談社、読者のオタク的要素に着目したネット広告プラットフォーム「OTAKAD」を提供

1

2019年10月17日 12:32  MarkeZine

  • 限定公開( 1 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

MarkeZine

写真写真
 講談社は、読者のオタク的要素に着目したネット広告プラットフォーム「OTAKAD(オタカド)」の提供を開始した。


 「OTAKAD」は、講談社の各Webメディア読者の記事閲覧データを基に、AIによって閲覧記事の傾向から趣味趣向を指数化し、読者の「オタク」度合いを解析。リアルタイムで読者属性に合致した広告配信を行うことで、読者の消費行動とマッチした訴求を行う。


 今回、同社の11のWebメディアにおいて、システムの実装とデータ連携を行うことが可能になった。



システムの実装とデータ連携が可能なWebメディア


 それぞれの媒体は専門性の高い記事を提供しているため、読者が強い興味をもつトピックをより詳細に計測することができ、興味の度合いや行動変容を把握することが可能に。


 同社は現在、消費行動を起こしやすいであろう「オタク」基本セグメントを20種類用意している。


セグメントの例


 また、IntegralAdScienceが提供する最適化配信技術を採用し、IAB基準に沿ったViewability、AdFraud、BrandSafetyといった基準を指定した広告配信を実現できる。

    あなたにおすすめ

    ランキングIT・インターネット

    前日のランキングへ

    ニュース設定