ホーム > mixiニュース > エンタメ > 芸能総合 > 菊地亜美、UI(尿もれ)に危機感「いつなってもおかしくない超予備軍です」

菊地亜美、UI(尿もれ)に危機感「いつなってもおかしくない超予備軍です」

0

2019年10月17日 18:07  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

写真『吸水ケア新ブランド「ウィスパー」お披露目発表会』に出席した(※写真向かって右から)タレントの菊地亜美、お笑いコンビ・北陽の虻川美穂子、フリーアナウンサーの松本志のぶ、女優の上脇結友 (C)oricon ME inc.
『吸水ケア新ブランド「ウィスパー」お披露目発表会』に出席した(※写真向かって右から)タレントの菊地亜美、お笑いコンビ・北陽の虻川美穂子、フリーアナウンサーの松本志のぶ、女優の上脇結友 (C)oricon ME inc.
 タレントの菊地亜美、フリーアナウンサーの松本志のぶ、お笑いコンビ・北陽の虻川美穂子、女優の上脇結友が17日、都内で行われたP&G『吸水ケア新ブランド『ウィスパー』お披露目発表会』に登場した。

【写真】切実な尿もれ事情を告白する4人の美女たち

 同商品のアンバサダーを務める松本、虻川、上脇の3人は20代以上の女性の2人に1人は経験があるというUI(尿もれ)について妊娠・出産を機に経験したという。松本は「(子供を)あやしたりしている時に、『ヒヤリ』みたいな感覚があった。自分でそれを尿もれと認識していなくて、最近になって認識して、すっきりした」と経験談を告白。

 UIの対策は骨盤底筋を鍛えることだという。松本は「30代からピラティス、40代から加圧トレーニングをしている。どこに行っても『将来尿もれケアになる』と骨盤底筋を鍛えるように言われる」と以前から意識していることを語った。

 また虻川は紙芝居で自身の体験を披露。「鼻炎でくしゃみをしてしまいました。するとあら困った、UI。しちゃったよ、と。これだけでしてしまうような状態です。季節の変わり目は大変」と熱弁した。

 ゲストとして登場した菊地はまだUIの経験はないが、「いつなってもおかしくない。お手洗いに行った後、30秒くらいで残尿感がたまにあるんですよ。産婦人科でも『気を付けて下さい』って言われたんです。超予備軍です」と危機感がある模様。さらに頻尿の人がなりやすいと知り「『トイレに行きすぎ』って時があって、頻尿っぽいんですよ。もっと勉強しなきゃダメ。ちゃんと知識を入れて、すぐに対策できるようにしとかないといけない」と力を込めた。

 26日に発売される「ウィスパーうすさら」の吸水力を試した菊地は「ひねってもサラサラしていて、これは安心」と太鼓判を押していた。

    あなたにおすすめ

    ニュース設定