ホーム > mixiニュース > IT・インターネット > IT総合 > 米制裁もファーウェイ業績伸長、5Gとスマホがけん引

米制裁もファーウェイ業績伸長、5Gとスマホがけん引

1

2019年10月17日 19:42  BCN+R

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

BCN+R

写真写真
 ファーウェイは、10月16日、2019年第3四半期(1〜9月)の業績を発表した。米制裁による影響を受けつつも、売上高は前年同期比24.4%増の6108億元(約9兆3500億円)。第5世代(5G)移動通信システム事業とスマートフォン事業が売上増をけん引した。

その他の画像はこちら

 ファーウェイは、これまでに5G関係で世界の通信事業者と60以上の契約を結び、契約数を8月末時点から10件増やした。基地局の出荷台数も40万件となり、米国の制裁を受ける中でも事業の順調ぶりを示した。

 5Gをめぐっては、ドイツが10月に入ってから、ファーウェイを5G市場から排除しない方針を発表した。米国を中心としたファーウェイ排除の動きに乱れが生じており、5G事業に自信を示してきたファーウェイにとっては、さらなる追い風になる可能性がある。

 一方、スマホ事業は、第3四半期までに前年同期比26%増の1億8500万台を出荷した。地元の中国での販売が好調で、調査会社のデータでは、ファーウェイのシェアは30%を超えている。ファーウェイは具体的な出荷台数は公表しなかったが、PCやタブレット端末、スマート端末の事業も急成長したとしている。

このニュースに関するつぶやき

  • 中国メーカーってだけでゾッとするわ。
    • イイネ!0
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(1件)

あなたにおすすめ

ニュース設定