ホーム > mixiニュース > エンタメ > 映画 > ドニー・イェンの熱血授業風景が 『スーパーティーチャー 熱血格闘』日本版予告公開

ドニー・イェンの熱血授業風景が 『スーパーティーチャー 熱血格闘』日本版予告公開

0

2019年10月18日 10:31  リアルサウンド

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

リアルサウンド

写真『スーパーティーチャー 熱血格闘』メイキング風景
『スーパーティーチャー 熱血格闘』メイキング風景

 11月15日公開の『スーパーティーチャー 熱血格闘』より、日本版予告編が公開された。


参考:動画はこちらから


 本作は、 ドニー・イェン自身が二男一女を持つ父親として、子供の教育をテーマにした作品を作りたいという熱望から誕生したアクションドラマ。香港で最低の成績を記録する学校を舞台に、新任の教師チャン・ハップ(ドニー・イェン)が、問題児の揃うクラスの担任となり、自身の経験やテクニックで生徒たちの心を掴んでいきながら学校の意識も変えていく。


 本作を製作するにあたり、ドニー・イェン自らが設立した製作会社スーパーバレット・ピクチャーズの第1回作品となっており、主演と作品の製作プロデューサーはドニー・イェン自らが手がけている。監督は『イップ・マン』シリーズなど、数多くのドニー・イェン作品で助監督を務めたカム・カーワイ。アクション監督は、ドニー・イェンのアクションチームの要であり、『るろうに剣心』シリーズのアクション監督としても知られる谷垣健治が担当している。


 このたび公開された日本版予告編は、教師チャン・ハップのトレーニングシーンから始まると、問題児の生徒に家庭訪問する姿、公道でのゴーカート講習、屋外歌唱レッスン、“護身術”の授業など、規格外の教師姿が映し出された映像となっている。


 また、本作は11月15日より開催される「のむコレ3」で上映された後、全国で順次公開される。上映劇場であるシネマート新宿、シネマート心斎橋では、10月19日より特別鑑賞券(1,400円)が発売開始。購入特典として、A5サイズフリーノートが数量限定で付属される予定だ。(リアルサウンド編集部)


    あなたにおすすめ

    ニュース設定