ホーム > mixiニュース > コラム > 祖父母世代 運転への自信減少

祖父母世代「運転への自信」減少、逆走・安全運転調査で

68

2019年10月18日 12:11  ナリナリドットコム

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ナリナリドットコム

写真写真
「高速道路での高齢ドライバーによる逆走」を他人ごとにせず、「自分の家族にも起こりうること」だという意識を持つことを呼びかける「家族みんなで 無くそう逆走」プロジェクトを実施しているNEXCO東日本は、高速道路の利用が増えることが予測される秋の行楽シーズンに合わせ、高速道路での逆走や車の運転に対する意識調査を実施した。

その他の大きな画像はこちら



この調査は、三世代(祖父母世代/65歳以上の男女ドライバー100名)、親世代(40・50代の男女ドライバー150名)、孫世代(18〜24歳の男女110名:免許取得3年以内のドライバー101名/教習所に通っている方9名)に実施したもの。

まず、祖父母世代に「車の運転に対する自信」をたずねると、71.0%が「車の運転に自信あり」と回答。今年2月の調査より5ポイント減少(2月は76.0%が自信ありと回答)した。また、祖父母世代の「免許返納してもよいと思う年齢」は“76.3歳”で、今年2月の調査より約3歳低下(2月は79.1歳)している。

次に、親世代に「祖父母世代と孫世代の運転、どちらが心配」かを質問。すると、親世代の40.7%が「祖父母世代の運転の方が心配」、28.0%が「同じくらい心配」、18.0%が「孫世代の方が心配」となった。また、祖父母世代に「自分の運転と孫の運転の比較」をたずねると、51.0%が「孫より車の運転は上手い」、32.0%が「孫の方が上手い」、17.0%が「同じくらい」となった。

さらに、祖父母世代が運転する車への同乗経験についてたずねると、親世代の54.0%、孫世代の65.0%(平均59.5%)が「祖父母世代の運転する車」に同乗経験があると回答。そのうち、実際に祖父母世代に「危ない・怖い」と伝えた割合は、親世代53.0%、孫世代72.0%(平均62.5%)だった。

また、「高速道路での高齢ドライバーによる逆走」について質問。三世代における“逆走”認知度は祖父母世代が一番高く98.0%、親世代94.7%、孫世代92.7%と続き、三世代とも9割を超える結果に。そこで「高速道路での高齢ドライバーによる逆走」について、「家族で話したことがある」かどうかもたずねると、こちらは祖父母世代が54.3%、親世代が57.9%、孫世代が70.4%となった。なお、親世代においては、義理の祖父母世代との「話し合ったことがない」が高くなる傾向。義理に限定すると、「話したことがある」は44.7%となった。

こうした結果に、NEXCO東日本は「親・孫世代は日常会話の中で祖父母世代の体調を心配すると同時に、加齢に伴い身体・認知機能が衰えることを伝え、祖父母世代はベテラン・ドライバーとして運転について孫世代にアドバイスしたりするなど、家族で安全運転や逆走防止について、話し合って頂きたいと思います」とコメントしている。


元記事はこちら:https://www.narinari.com/Nd/20191056756.html


このニュースに関するつぶやき

  • 無事故無違反と豪語するウチのお客様の車だが、今年はバンパー交換3回目とかなりのハイペースっぷりにそろそろ家族に免許返納を進言しようか迷っている…
    • イイネ!2
    • コメント 0件
  • コレを見れば年寄り連中は運転に関して根拠のない自信を持っていると思った方が良い。危険運転をしたら無理矢理でも運転を止めさせた方が良いかも。http://photo.mixi.jp/view_photo.pl?owner_id=6947640&photo_id=2318035950
    • イイネ!26
    • コメント 4件

つぶやき一覧へ(47件)

あなたにおすすめ

前日のランキングへ

ニュース設定