ホーム > mixiニュース > エンタメ > 芸能総合 > 松重豊、岸谷五朗扮する劇団主宰との商談で腹ペコ『孤独のグルメSeason8』第3話

松重豊、岸谷五朗扮する劇団主宰との商談で腹ペコ『孤独のグルメSeason8』第3話

3

2019年10月18日 12:12  テレビドガッチ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

テレビドガッチ

岸谷五朗と室井滋が、松重豊が主演する人気シリーズ『孤独のグルメSeason8』(テレビ東京系、毎週金曜24:12〜/テレビ大阪は翌週月曜24:12〜)の第3話(10月18日放送)にゲスト出演する。

本作は、久住昌之作、谷口ジロー画による「週刊SPA!」にて不定期連載中の同名漫画が原作。松重演じる輸入雑貨商を営む主人公・井之頭五郎が営業先で見つけた食事処にふらりと立ち寄り、食べたいと思ったものを自由に食す、至福の時間を描いたグルメドキュメンタリードラマ。

<第3話「銀座のBarのロールキャベツ定食」あらすじ>
井之頭五郎(松重)は、銀座で商談相手の劇団ノーモラル主宰・武者小路朱雀(岸谷)と会っていた。怪しげな様相に奇抜表現と面倒なやりとりが続くはめに……。変な気を遣って空腹になった五郎は、銀座の路地で昼食堂の看板を発見する。覚悟を決め店に入りお目当てのポークソテーを注文しようとするが、店のお母さん(室井)から、ロールキャベツ定食しかないと衝撃的な一言が告げられ一択の窮地にショックを受け……。

このニュースに関するつぶやき

  • ある意味、ダブル「ゴロー」っていうわけか。岸谷ならそういう癖のあるキャラあいそう。非テレ東系の民につき、見れる時が楽しみ。
    • イイネ!0
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(1件)

あなたにおすすめ

ニュース設定