ホーム > mixiニュース > スポーツ > 野球 > ヤンキース、3連敗で崖っぷち…田中は6回途中まで力投も痛恨の被弾

ヤンキース、3連敗で崖っぷち…田中は6回途中まで力投も痛恨の被弾

3

2019年10月18日 13:44  ベースボールキング

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ベースボールキング

写真ヤンキースの田中将大
ヤンキースの田中将大
【ア・リーグ優勝決定シリーズ第4戦】
● ヤンキース 3 − 8 アストロズ ○
<現地時間10月17日 ヤンキー・スタジアム>

 アメリカン・リーグの優勝決定シリーズは雨天中止を挟んで第4戦。アストロズが3連勝でワールドシリーズ進出に王手をかけた。

 ヤンキースは田中将大が先発。ポストシーズンに入って2戦2勝と好調な右腕は、この日も立ち上がりの2イニングを無失点に抑える上々のスタート。味方打線も初回にブレット・ガードナーが押し出しの四球を選んで1点をもぎ取り、序盤は良い形で展開を握る。

 ところが3回、田中は先頭のロビンソン・チリーノスに四球を与えてしまうと、安打でつながれ、ジョージ・スプリンガーに痛恨の被弾。ひと振りで逆転を許してしまう。

 その後は持ち直して力投を見せたものの、6回に味方の失策で先頭打者の出塁を許してしまい、ここで交代。悔しい表情を浮かべながらマウンドを降りた。

 するとその直後、チャド・グリーンが安打でピンチを広げてしまい、カルロス・コレアに3ランを被弾。1−6とリードを拡げられてしまう。

 打線はその裏にゲーリー・サンチェスが2ランを放って反撃の姿勢を見せるも、終盤は守備の乱れから立て続けに失点。

このニュースに関するつぶやき

  • もうアストロズに決まってください(笑)
    • イイネ!3
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(1件)

あなたにおすすめ

ニュース設定