ホーム > mixiニュース > IT・インターネット > IT総合 > 青信号をスイスイ走行!AIが人をサポートする電動アシスト自転車「Ari the e-bike」を豪大学が開発

青信号をスイスイ走行!AIが人をサポートする電動アシスト自転車「Ari the e-bike」を豪大学が開発

0

2019年10月18日 17:02  Techable

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

Techable

写真写真
豪ロイヤルメルボルン工科大学がオーストラリアのIBM 基礎研究所と共同で、AIが人をサポートして、より多くの青信号を走行できる電動アシスト自転車「Ari the e-bike」を開発した。
・AIとインターネット技術を使用して、速度調整と青信号横断を支援Ari the e-bikeは、AIとインターネット技術を使用して、ライダーが速度を調整し、青信号を横断するのを支援する。

研究チームは、豪ビクトリア市の道路交通当局が提供する交通データと青信号モデルを使用し、メルボルン市の道路で実際の交通状況で電動自転車の試験を実施。これに先だち研究チームは、テスト場所でより多くの青信号を横断するための最適速度が時速22 kmであることを計算して、Ariをプログラミングした。

この電動アシスト自転車はエンジンサポートを増やして加速したり、「少し減速して!」と骨伝導ヘッドフォンでつぶやいて、ライダーを物理的に支援し、安全にナビゲートした。
・人間と機械の新しいタイプの相互作用ロイヤルメルボルン工科大学 のExertion Games Lab所長のMueller教授は、「人間と機械の新しいタイプの相互作用を調査したこの研究は重要だ。この相互作用では、コンピューターはペダリングに代わるものではなく、ライダーを物理的および知的にサポートできる」 と述べている。

この電動アシスト自転車技術の実際の適用については、国ごとの信号機データアクセス管轄に依存する場合もあるため、研究チームはこれを拡大する予定はないという。

今回の実験から得られた知識は、移動中にユーザーの邪魔になるといった理由でスマホ画面が不要になる状況において、ユーザーとAIシステムの将来設計に役立つ可能性があると研究者らはみている。

RMIT University

    あなたにおすすめ

    ニュース設定