ホーム > mixiニュース > 社会 > 「成果は無駄な部分から」=ノーベル賞の吉野さん、萩生田文科相を表敬

「成果は無駄な部分から」=ノーベル賞の吉野さん、萩生田文科相を表敬

5

2019年10月18日 19:01  時事通信社

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

時事通信社

 ノーベル化学賞の受賞が決まった吉野彰・旭化成名誉フェロー(71)が18日、萩生田光一文部科学相を表敬訪問した。吉野さんは「基礎研究は(成果が出る)確率が低い。無駄な部分があるからこそ一つが生まれるので、ぜひ大事にしてほしい」と訴えた。

 小学4年の時に、担任の先生から薦められた本が科学に興味を持つきっかけになった吉野さん。「学校の先生は子どもたちの人生を変えるくらい大切な職業だ」という文科相に、「大人が強制ではなく、方向付けのための刺激を与えてあげれば、後は自分で道を見つけていくはずだ」と応じた。

 吉野さんがリチウムイオン電池の研究を始めたのは33歳の時。「ノーベル賞につながるような研究は、35歳までに始めないと間に合わない」と強調し、若手研究者への支援拡充も求めた。 

このニュースに関するつぶやき

  • バブル崩壊後にガンガン基礎研究への投資を削ってきて小泉「選択と集中」・鳩山「事業仕分け」で壊滅的にしたからねぇ。大学は「軍事技術排斥」で自分の首を荒縄で絞めている。財務省解体だ
    • イイネ!0
    • コメント 3件
  • 四角い石を縦方向にだけ積み上げてキャップストーンを置いたらピラミッドになるわけじゃない。膨大な数の石を積み上げなければピラミッドにはならない。基礎研究はそれと似ている。
    • イイネ!2
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(5件)

あなたにおすすめ

ニュース設定