ホーム > mixiニュース > トレンド > JR東日本・JR西日本、北陸新幹線10/25運転再開へ - 本数は約8割に

JR東日本・JR西日本、北陸新幹線10/25運転再開へ - 本数は約8割に

2

2019年10月18日 21:43  マイナビニュース

  • 限定公開( 2 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

マイナビニュース

写真画像提供:マイナビニュース
画像提供:マイナビニュース
JR東日本・JR西日本は18日、台風19号の影響で運転を見合わせていた北陸新幹線長野〜上越妙高間に関して、復旧作業が進み、安全確保の見通しが立ったことを受け、10月25日から東京〜金沢間で運転再開する見込みと発表した。

北陸新幹線は台風19号による千曲川の氾濫など影響で、長野〜飯山間の線路と長野新幹線車両センター構内と新幹線車両が冠水、長野〜飯山間の線路も冠水するなど、設備等に甚大な被害を受けた。現地付近の浸水が解消された10月15日から点検を開始し、現在は鋭意、復旧作業に努めているという。

長野新幹線車両センターにおける新幹線車両の浸水被害により、北陸新幹線は東京〜金沢間での運転再開後も、限られた車両数での運用となる。列車本数は被災前の約8割となるが、東京〜金沢間直通の列車については約9割の運転本数を確保する。

発売を見合わせていた北陸新幹線の指定席については、「グランクラス」とグリーン車、普通車指定席ともに準備が整ったことから、10月19〜24日の期間限定で販売を再開する。北陸新幹線の運転再開後の具体的なダイヤと、10月25日以降の指定席発売については10月23日に告知予定。運転再開後も逐次、列車本数を増やしていく。

なお、JR西日本では北陸エリアから東京方面の相互間の移動にあたり、金沢駅から米原駅までの区間で特急「しらさぎ」の一部列車を6両編成から9両編成に増結して運転している。北陸新幹線の直通運転が再開した後も、利用状況に応じて当分の間、「しらさぎ」の一部列車の増結を継続するとしている。(木下健児)

    あなたにおすすめ

    ニュース設定