ホーム > mixiニュース > 地域 > 自宅浸水 100歳母と突然の別れ

1階の母に手届かず=100歳、浸水で死亡−「まさか」悔やむ次女−福島・いわき

128

2019年10月19日 07:31  時事通信社

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

時事通信社

写真台風19号により自宅が浸水し、100歳で亡くなった大内寿美子さん(遺族提供)
台風19号により自宅が浸水し、100歳で亡くなった大内寿美子さん(遺族提供)
 1階で寝ている母に手は届かなかった−。台風19号による川の氾濫で福島県いわき市の自宅が浸水し、母親の大内寿美子さん(100)を亡くした次女の鈴木良子さん(68)は「まさかこんなことになるとは」と悔やむ。いつも元気で、21日には101歳の誕生日を迎えるはずだった。

 13日午前3時ごろ、自宅の2階で寝ていた鈴木さんは「ボコボコ」という音で目覚め、浸水に気付いた。大内さんの寝室は1階。飛び起きたが、既に階段の中ほどまで水が迫っていた。

 真っ暗闇の中、手すりを頼りに降りようとしたが、3メートルほど進むと首まで水に漬かり、引き返した。「もう駄目かもしれない」。翌日、鈴木さんらは救助されたが、母は帰らぬ人となった。周辺一帯は水没し、湖のようになっていた。

 鈴木さんによると、大内さんは5人きょうだいの長女で「しっかり者で、何でもこなす人だった」。料理が好きで、親戚の集まりなどのたびに作ってくれたちらしずしは思い出の味だ。昨年までは自力で歩くこともでき、バラの栽培や手芸、近所の友人とのお茶会を楽しむ日々だったという。

 12日の夜、普段通り一緒に夕食を取り、午後8時に寝る母に鈴木さんは「おやすみ」と声を掛けた。「こんなことになるとは思わなかった。まだ気持ちが付いていかない」。遺体はあまり水を飲んでおらず、死因は低体温症といい、「眠るように、苦しまずに亡くなったのなら救いだ」と話す。

 「もうすぐ誕生日を迎え、まだまだ元気に生きることができたはずなのに」。母との突然の別れに、鈴木さんは言葉を絞り出した。 

このニュースに関するつぶやき

  • お母さんは100才まで元気を保って、お互い支えあってこられましたね。お母さんが身を持って娘さんを守られたのかもしれません。ご自身を責めないで欲しい。
    • イイネ!0
    • コメント 2件
  • 高齢の親がいるからこういう話身につまされる。無駄足になってもいい、何事も無ければ訓練だったのだと思って避難勧告が出た時点で行動に移してほしいし自分もそうしなきゃと思う
    • イイネ!148
    • コメント 5件

つぶやき一覧へ(89件)

あなたにおすすめ

ニュース設定