ホーム > mixiニュース > ゲーム・アニメ > アニメ・マンガ > 「マガジン、やりおったな…」少年誌の限界突破!? 袋とじ『ヒットマン』で描かれた“沖縄の夜”がアツすぎる

「マガジン、やりおったな…」少年誌の限界突破!? 袋とじ『ヒットマン』で描かれた“沖縄の夜”がアツすぎる

8

2019年10月20日 18:11  ダ・ヴィンチニュース

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ダ・ヴィンチニュース

写真『週刊少年マガジン』46号(講談社)
『週刊少年マガジン』46号(講談社)

 2019年10月16日(水)発売の『週刊少年マガジン』46号に、『ヒットマン』袋とじページが登場。少年誌の限界を突破する過激描写に、「これはヤバいとしか表現しようがない」「マガジン、やりおったな…」と読者のざわめきが止まらないようだ。

シリーズ最大級の危機!? 絶望的な状況で幕を開けたアニメ「ソードアート・オンライン アリシゼーション War of Underworld」第1話

 袋とじで掲載されたのは、「#? THE 初体験」とタイトルから直球勝負なエピソード。本編では描かれなかった、主人公・剣埼龍之介とヒロイン・小鳥遊翼が結ばれた沖縄の“アノ夜”を収録している。

 袋とじ本編は龍之介と翼がベッドに腰かけた場面からスタート。「オレ何の準備もしてないんだけど…」と言う龍之介に対し、“むっちゃうす 潤うゼリー”と書かれた避妊具をスッと差し出す翼。「別に初めからやる気だったわけじゃないですよ⁉」と釈明しながらも、翼は頬を赤らめてしまう。

 覚悟を決めた龍之介はシャワーを浴びようとするが、龍之介の匂いが嫌いじゃないという翼が「このままがいいです」とリクエスト。2人は下着姿でベッドに横たわり、熱い口づけを交わしていく。さらに龍之介の手は、露わになった翼のバストトップやショーツの中へ…。涙を浮かべて吐息を漏らす翼の表情に昂る気持ちを押さえられず、ついに翼と交わる龍之介。「もっとゆっくり」と痛がる翼に謝りつつ、龍之介は激しく彼女を求めるのだった――。

 ちなみに今回の袋とじでは、オープンになっている最終ページでも「剣埼さんてイク時可愛い顔するんですねー イジメたくてゾクゾクしました」と大胆なセリフが。過激すぎる描写に読者からは、「袋とじとはいえ完全に成人誌レベルじゃないですか」「エロエロすぎてこの興奮をどこに向ければいいのかわからない」「沖縄の夜、期待以上の内容でした!」「翼さんの頬を赤らめた表情に惚れたわ」「今夜は眠れなくなりそうだぜ…」といった声が続出している。

 沖縄の夜を経て気持ちが繋がり合った龍之介と翼。同時掲載となった本編では、龍之介と腕を組みながら翼が「沖縄の続き… したくなっちゃった」と微笑む場面も描かれている。2人の恋はますます熱く燃え盛りそうだ。

img02
『ヒットマン』6巻 特装版(瀬尾公治/講談社)

このニュースに関するつぶやき

  • 「死ぬ気のゼロ地点突破」じゃなくて、単なる「エロ地点突破」か。   「やるだけやって力尽きた者を笑う奴はいないぞ」と言ったリボーンの方のヒットマンではなかったという事ね。
    • イイネ!0
    • コメント 0件
  • 最低だよな。普通のお子様も読む本にこう言う展開のを持ってくるとは。エロで売ろうとしてる低俗な雑誌って印象。
    • イイネ!2
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(5件)

あなたにおすすめ

ランキングゲーム・アニメ

前日のランキングへ

オススメゲーム

ニュース設定