ホーム > mixiニュース > エンタメ > 映画 > 井ノ原快彦主演映画『461個のおべんとう』公開決定 息子役になにわ男子・道枝駿佑

井ノ原快彦主演映画『461個のおべんとう』公開決定 息子役になにわ男子・道枝駿佑

0

2019年10月21日 07:11  クランクイン!

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

クランクイン!

写真映画『461個のおべんとう』に出演する(左から)井ノ原快彦と道枝駿佑 (C) 2020「461個のおべんとう」製作委員会
映画『461個のおべんとう』に出演する(左から)井ノ原快彦と道枝駿佑 (C) 2020「461個のおべんとう」製作委員会
 V6の井ノ原快彦が主演する映画『461個のおべんとう』が、2020年秋に公開されることが決定。併せて、井ノ原の息子役を、関西ジャニーズJr.で人気沸騰中のユニット「なにわ男子」の道枝駿佑が演じることも発表された。

【写真】舞台の囲み取材に登場した「井ノ原快彦」

 本作は、人気ヒップホップバンド「TOKYO No.1 SOUL SET」の渡辺俊美によるお弁当エッセイ『461個の弁当は、親父と息子の男の約束。』(マガジンハウス刊)の映画化で、笑って泣ける親子の成長と絆を描く。ミュージシャンでありながら毎日息子のためにお弁当を作る主人公・鈴本一樹役を井ノ原が、一樹の高校生の息子・虹輝役を道枝が務める。監督は『キセキ ‐あの日のソビト‐』『泣くな赤鬼』の兼重淳。

 離婚した鈴本一樹(井ノ原)の息子・虹輝(道枝)は、15歳と多感な時期を迎えていた。一度は高校受験に失敗する虹輝だったが、「高校へ行きたい」という答えを出し、翌年の春、見事高校に合格する。ここで一樹はある質問をする。「学校の昼食なんだけど、虹輝はどっちがいいの? お金渡して自分で買うのと、父さんが作るお弁当」。虹輝が「父さんのお弁当がいい」と答えた瞬間、父は「3年間、毎日お弁当を作る!」、息子は「3年間、休まず学校へ行く」という“大切な約束”が生まれる。 慌ただしい毎日の中、お弁当を通して交錯する父と息子の想い。ライブの翌日も、二日酔いの朝も、早出の朝も、一樹の怒涛のお弁当作りが始まる―。

 井ノ原は息子役の道枝について「撮影中は毎日2人でお弁当を食べたり、撮影がないときでも他愛のないメールをして仲良くしてもらっています。本当に息子でもおかしくない歳の差ですが、2人で話しているときは楽しくて、僕の知らないゲームや音楽を教えてくれたり、なんだか新しい友達が出来たような気持ちです」と語る。また「この作品はお弁当を作るシーンも多いので自宅で料理の勉強をしています」という井ノ原は、「お弁当、音楽、青春と恋愛、そして親子の物語です。来年の公開をお楽しみに!」とコメント。

 一方道枝は、「井ノ原さんの方から連絡をくださった時に『親子だから、敬語じゃなくてタメ口でいいよ。怒らないから大丈夫だよ』と言ってくださったので、敬語を使わずにお話しています」と明かす。さらに「いつも段取りに付き合って下さったり、いつも笑顔ですごい優しい方だなという印象です」と語っている。

 映画『461個のおべんとう』は、2020年秋全国公開。

    あなたにおすすめ

    ニュース設定