ホーム > mixiニュース > IT・インターネット > IT総合 > マーケターの定義バラバラ問題が浮き彫りに 気になるマーケターの転職実態を調査してみた

マーケターの定義バラバラ問題が浮き彫りに 気になるマーケターの転職実態を調査してみた

0

2019年10月21日 08:02  MarkeZine

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

MarkeZine

写真写真
 MarkeZineが独自に行った『マーケターの転職に関する実態調査』の結果をマンガで解説します! 転職による年収の変化は? マーケターの転職に関する課題とは?/調査概要は記事末尾に記載


■これまでの転職回数は?


■転職理由で多かったのは?


■転職による年収の変化は?


■マーケターの転職に関する課題は?


■年代の壁や募集が東京に集中していることに関する意見も


本記事の情報は、MarkeZine調査『マーケターの転職に関する実態調査』の結果をもとにしている。

【調査概要】

調査主体:翔泳社 MarkeZine編集部

調査方法:インターネットリサーチ

調査対象:MarkeZine読者 254名

業種別内訳:事業会社137名、広告会社59名、ベンダー23名、パブリッシャー5名、プラットフォーマー13名、フリーランス5名、その他12名

調査期間:2019年7月11日〜2019年7月25日

※百分率表示は四捨五入のため丸め計算を行っており、合計が100%とならない場合がある。
    ニュース設定