ホーム > mixiニュース > エンタメ > 芸能総合 > SixTONES 松村北斗、Snow Man 目黒蓮……モデルとしての活躍が期待できるジャニーズJr.

SixTONES 松村北斗、Snow Man 目黒蓮……モデルとしての活躍が期待できるジャニーズJr.

0

2019年10月21日 10:21  リアルサウンド

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

リアルサウンド

 10月15日『第36回ベストジーニスト2019』の各部門が発表された。「一般選出部門」ではHey! Say! JUMP・中島裕翔が3年連続1位を獲得し、殿堂入り。その他にも3位にKing & Prince・永瀬廉、8位にNEWS・増田貴久、10位にジャニーズWEST・小瀧望がランクインし、ジャニーズ勢が顔を揃えた。その中でも注目したいのは、4位になにわ男子・高橋恭平、6位にAぇ! group・正門良規、7位にAぇ! group・末澤誠也と、関西ジャニーズJr.が3人ランクインしたこと。最近はこの3人をはじめ、モデルとしても活躍が期待できる個性を持ったジャニーズJr.が多く見られる。そこで今回は、「モデルとしての活躍が期待できるジャニーズJr.」をご紹介したい。


(関連:男子学生感、フレッシュさ、ダンス……『オランジーナ100』Web動画でみせたTravis Japanらしさ


■SixTONES 松村北斗
 SixTONESにおいて「モデル」といえば、Snow Man・目黒蓮と同じく雑誌『FINE BOYS』でレギュラーモデルを務めるジェシーのイメージが強い。しかし、松村は身長が177cmとスラリと高くモデル向きであり、注目すべきはそのファッションセンスだ。松村はとにかくファッションにこだわっており、雑誌などでも度々自身のファッションについて言及している。ある時は「1時間くらい家で着替えまくってる」、「朝の準備時間は2時間、その日の服を決めていると時間がかかる」と発言したり、「デニムにペイントしたり、ポケットにスタッズをつけたりして、自分だけのアイテムを作っている」と語ったり……。『装苑』(文化出版局)2019年11月号にも登場しており、松村について「私服の着こなしからもファッション好きの匂いをぷんぷんと漂わせ、さらに『装苑』が大好き!!という強い思いも語っていた」(参照:装苑オンライン)と編集部が語っている。このファッションへの高いアンテナを活かして、モデルとしても活躍してほしいものである。


■Snow Man 目黒蓮
 Snow Manの中でも180cm越えと身長が高い目黒は、2018年11月号から『FINE BOYS』のレギュラーモデルとしてすでに活躍を見せている。紙面ではどんな服でもサラリと着こなしており、モデルとしてのポテンシャルが非常に高いことがわかる。そんな目黒だが、実はSnow Manきっての天然おバカキャラ。『ISLAND TV』内のプロフィールには「ザリガニをつかまえること」という謎の趣味が書かれており、2019年9月4日に『ジャニーズJr.チャンネル』にアップされた動画「【達人登場!】目黒蓮が本領発揮…ザリガニ釣り!」では、その腕前を発揮していた。非の打ち所のない端麗な容姿と、実は少年のような無邪気さと愛されキャラを兼ね備えたこのギャップがファンにとってはたまらない要素であり、モデルとしても様々な表情が見られるのではないかと期待を寄せている。


■なにわ男子 高橋恭平
 なにわ男子の中ではナルシストキャラで通っている高橋恭平だが、『まいど!ジャーニィ〜』(関西テレビ)などでは見た目に反して“天然アホキャラ”を発揮している。例えば、『まいど!ジャーニィ〜』に初出演した時は、特技のバスケットのドリブルを披露し、同じくバスケが得意なKing & Prince・永瀬に無茶振りをし、初登場ながらスタジオの笑いを誘っていた。他にも度々そのキャラクター性を発揮してきた高橋は、「世界一かっこいいのは俺」というナルシストキャラも嫌味にすらならない、今どきの若者らしくスラッしたスタイルと端正な顔立ちの持ち主。これまでソロ活動が少なかった高橋だが、『ベストジーニスト』ランクインを機にモデルデビュー……ということもあるかもしれない。


■美 少年 佐藤龍我
 グループ名の通り、容姿の美しさが目を奪うなメンバーが揃っている美 少年。10代のフレッシュなメンバーばかりだが、その中でもスラリとした長身で目立っているのが佐藤龍我だ。彼に関しては語るよりもジャニーズJr.チャンネル内にアップされている動画や、出演作『恋の病と野郎組』(BS日テレ)などを見ていただければその魅力は一目瞭然だろう。SNSには「スタイル良すぎ」、「足が長い」と佐藤に対しての反応がこれでもかと言うほど並び、さらに動画「【おバカ実験】不思議な現象“ダイラタンシ”でダッシュ!」の中では「龍我くん足ながっ」とテロップが出ることもしばしば。極めつけは数年前の雑誌で、当時の身長175.5cmに対して、つま先から腰骨の長さが105cmという驚きの数字を叩き出したこともあった。彼なら、なかなか着こなすのが難しいであろうロング丈の洋服なんかも、きれいに着こなして見せてくれること間違いなしだろう。(高橋梓)


    あなたにおすすめ

    ニュース設定