ホーム > mixiニュース > エンタメ > 芸能総合 > ドラマ「あおざくら」最新映像解禁、楽曲はI Don’t Like Mondays.とDa-iCEが担当

ドラマ「あおざくら」最新映像解禁、楽曲はI Don’t Like Mondays.とDa-iCEが担当

2

2019年10月21日 19:40  ドワンゴジェイピーnews

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ドワンゴジェイピーnews

写真写真

二階堂ヒカル著、『週刊少年サンデー』にて連載中の防衛大学校を舞台に描く、熱い男たちの青春物語「あおざくら 防衛大学校物語」(小学館「少年サンデー」)を原作とする同名のドラマが10月31日よりMBSドラマ特区枠にて放送開始される。
防大(防衛大学校)を舞台にした初のドラマに注目が集まる中、遂に待望の番宣映像が解禁された。腕立て!反省文!空気椅子!と、過酷で厳しい防衛大学校の様子が垣間見れる映像となっている。

そして、今回の予告映像解禁に伴いドラマのオープニング曲並びにエンディング曲も解禁となった。オープニング曲は、SOUL、R&B、FUNK などブラックミュージックなど様々なテイストを取り入れ、スタイリッシュで洗練されたサウンドを生み出す4人組ロックバンド、 I Don’t  Like Mondays.の『DIAMOND』に決定。本楽曲は、この8月に3年ぶりにリリースされたアルバム“FUTURE”の中に収録されている楽曲で、この夏各地で開催されたフェスでも披露し観客を熱狂させてきた1曲。

そしてエンディング曲は、デビュー6周年を迎え、1月から代々木第一体育館を含むアリーナ公演を控えた5人組ダンス&ボーカルグループDa-iCEが12月に発売する新曲『BACK TO BACK』が起用された。“BACK TO BACK= 背中合わせ”。常に前進後退は背中合わせだけれど“まだまだやれる、まだまだ足りない”。さらなる高みへと挑む5 人の意気込みを詰め込んだ、メンバー工藤大輝が作詞作曲を手掛けた彼らの原点回帰を想起させる最強のダンスチューンとなっている。
防衛大学校での日々の中、自問自答を繰り返しながら成長していく主人公・近藤をはじめとする「あおざくら」のメインメンバーたちの成長を描く本ドラマの世界観を代弁しているかのような曲が、より一層男らしく、力強く、ドラマを盛り上げる。「防大にはしられざる、すばらしい青春がある!!」――疾風怒濤の日々を軸に、熱い男達の友情、努力、そして汗と涙を描くドラマの初解禁映像と、主題歌に注目だ。

<I Don't Like Mondays. コメント>
この度はI Don't Like Mondays.を起用頂いてありがとうございます。
僕たちは新たにavexに身を置き、友情や結成当初の約束、そして再出発の意味を込めた曲が「DIAMOND」です。
想いの詰まった曲がドラマタイアップにご一緒出来て光栄です。
歌詞もドラマにピッタリな曲になっていますので、「あおざくら」の皆さんと盛り上げていければと思います!!

<Da-iCE コメント>
“過酷な中でも折れない心、その中にある楽しさ”という点において、自分達のグループの過程と重なる部分があること、そして今回の楽曲がその部分をより深く掘り下げた楽曲だったことが合わさって勝手ながらシンパシーを感じています。この"BACK TO BACK"が本作品に寄り添えたら、それ以上光栄なことはありません。今回このような素敵な機会を頂けてとても嬉しく思います。  工藤大輝


Ⓒ 「あおざくら防衛大学校物語」製作委員会・MBS

このニュースに関するつぶやき

  • どうしよう…面々が全然受け入れられないや
    • イイネ!0
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(1件)

あなたにおすすめ

ニュース設定