ホーム > mixiニュース > トレンド > 小田急電鉄、駅係員の仕事を見学する「小学生親子見学会」11月開催

小田急電鉄、駅係員の仕事を見学する「小学生親子見学会」11月開催

0

2019年10月21日 20:32  マイナビニュース

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

マイナビニュース

写真画像提供:マイナビニュース
画像提供:マイナビニュース
小田急電鉄は11月16・17日、小田急線の駅で駅係員の仕事を見学できる親子向けイベント「小学生親子見学会」を開催する。

見学会はこども向けに駅の仕事を説明するほか、普段目にすることができない駅長室内の自動券売機の裏側や係員が取り扱う改札機器、装置類などを見て触れられるイベントとなる。毎日使う駅をより身近に感じて親しみを持ってもらおうと、各駅の駅係員がおもてなしを企画したという。各駅ごとに、小学生とその保護者を1組(2名)として、5〜10組を対象に実施する。参加費は無料。

実施駅と募集組数は、11月16日が下北沢駅(10組)、成城学園前駅(10組)、小田原駅(5組)、藤沢駅(5組)、11月17日が代々木上原駅(10組)、唐木田駅(10組)、相模大野駅(10組)、本厚木駅(10組)、秦野駅(5組)。参加応募は小田急電鉄ウェブサイト内「小田急の子育て応援ナビ」の応募フォームから行い、10月28日が締切となる。(佐々木康弘)

    あなたにおすすめ

    ニュース設定