ホーム > mixiニュース > エンタメ > 映画 > 実写版「カウボーイビバップ」製作中断…主演俳優がケガ

実写版「カウボーイビバップ」製作中断…主演俳優がケガ

1

2019年10月22日 06:00  シネマトゥデイ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

シネマトゥデイ

写真「カウボーイビバップ」でスパイクを演じるジョン・チョー Brendon Thorne / Getty Images for Paramount Pictures
「カウボーイビバップ」でスパイクを演じるジョン・チョー Brendon Thorne / Getty Images for Paramount Pictures

 Netflixが手掛ける、日本の人気アニメ「カウボーイビバップ」実写版の製作が、主演俳優ジョン・チョーの負傷により中断していると Hollywood Reporter ほか各メディアが報じた。


 同サイトによると、今月はじめ、同作で主人公スパイクを演じるジョン・チョーが、ニュージーランドでの撮影中に膝を負傷。手術とリハビリのためロサンゼルスに戻っているという。ケガの詳細は不明だが、同サイトでは撮影再開は7か月から9か月後になるのではと報じている。


 米Netflixは USA TODAY に対してジョンの負傷を認め、回復へ向け万全のサポートをすると声明を発表。また、自身のInstagramで「水は流れることも、ものを砕くこともする」というブルース・リーの名言を引用したチョウは「すぐに戻って流れるよ!」とファンにメッセージを送っている。


 「カウボーイビバップ」は、「坂道のアポロン」「残響のテロル」などのアニメーション監督・渡辺信一郎が1998年に発表したテレビアニメ。惑星間を短時間で航行できるようになった未来の太陽系を舞台に、賞金のかかった犯罪者を追って宇宙を駆け回る“カウボーイ”と呼ばれる賞金稼ぎたちを追った作品で、元マフィアのスパイク、元警察官のジェット、莫大な借金を背負った記憶喪失の女・フェイ、天才ハッカーのエド、人間並みの知能を持った犬のアインら4人と一匹が、惑星間航行船ビバップ号で奇妙な共同生活を送るさまを描く。


 ジョンのほか、ドラマ「Marvel ルーク・ケイジ」のムスタファ・シャキール(ジェット役)、『ジュラシック・ワールド/炎の王国』のダニエラ・ピネダ(フェイ役)、『サバービコン 仮面を被った街』のアレックス・ハッセル(ビシャス役)らが出演。今回の事故もあり配信時期は未定だが、全10エピソードになる予定で、渡辺監督もコンサルタントとして作品に携わることになっている。(編集部・入倉功一)


【関連情報】
【画像】原作アニメ「カウボーイビバップ」
【画像】実写版「カウボーイビバップ」キャスト
フランス実写版『シティーハンター』山寺宏一のもっこりちゃーん!吹替版予告編が公開

あなたにおすすめ

ニュース設定