ホーム > mixiニュース > スポーツ > 野球 > 井端氏が『コントロールがついたらエースになれる』と評価した投手は?

井端氏が『コントロールがついたらエースになれる』と評価した投手は?

7

2019年10月22日 10:12  ベースボールキング

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ベースボールキング

写真ニッポン放送ショウアップナイターで解説を務める井端弘和氏
ニッポン放送ショウアップナイターで解説を務める井端弘和氏
 9日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイタースペシャル 巨人−阪神戦』で解説を務めた井端弘和氏が、阪神の望月惇志について語った。

 プロ3年目の昨季37試合に登板した望月は今季、8月22日のDeNA戦で6回を無失点に抑えプロ初勝利をあげた。巨人とのCSファイナルステージの第1戦では、先発するも2回、5失点でノックアウトされた。

 悔しい登板に終わったが、この日の投球を見て井端氏は「150キロを超えていますので、細かいコントロールがついたらエースになれる投手」と将来性を高く評価。

 「ストライクとボールがはっきりしたり、第一段階として、常にバッティングカウントになってしまうところだけ避けていければですね。まばらでもいいので、ある程度のストライクゾーンにいけば3球いけば追い込める」と話していた。

(ニッポン放送ショウアップナイター)

このニュースに関するつぶやき

  • そもそもコントロールがついたらって、コントロールあったら一場も辻内も大活躍してスーパースターになってたよ。トライアウト見てこい!球だけは良い選手沢山いるから。
    • イイネ!0
    • コメント 0件
  • 他にも守屋・才木・福永等球の速いのはまだまだ居るよ
    • イイネ!5
    • コメント 2件

つぶやき一覧へ(5件)

あなたにおすすめ

ニュース設定