ホーム > mixiニュース > スポーツ > 野球 > 巨人3連敗 ミス続出で崖っぷち

巨人、再びミス続出で崖っぷち…亀井2打席連発も新人の高橋&戸郷で全6失点

133

2019年10月22日 22:22  ベースボールキング

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ベースボールキング

写真3回途中、勝ち越しを許し降板する巨人先発・高橋=東京ドーム
3回途中、勝ち越しを許し降板する巨人先発・高橋=東京ドーム
SMBC日本シリーズ2019・第3戦
● 巨人 2 − 6 ソフトバンク ○
<10月22日 東京ドーム>

 パ・リーグ2位からクライマックスシリーズを勝ち上がってきたソフトバンクが、セ・リーグ優勝を果たした巨人に3連勝。3年連続日本一に早くも王手をかけた。本拠地に戻ってきた巨人は逆転負け。3連敗で早くも崖っぷちに立たされた。

 巨人は1回裏、1番・亀井の右越え先頭打者弾で先制。しかし直後の2回表、日本シリーズ初登板初先発のドラフト1位・高橋が、5番・グラシアルにバックスクリーンへ飛び込同点ソロを浴びた。左腕は続く3回にも、4番・デスパイネに中前適時打を許し降板。3回途中3安打2四球2失点と試合を作れなかった。

 それでも直後の3回裏、亀井が2打席連発となるソロ本塁打を右翼席最上段へ。リードオフマンの特大弾で試合を振り出しに戻した。

 同点の4回はドラフト6位・戸郷に託したが、19歳右腕は一死から安打と四球でピンチを招き、9番・バンデンハークの送りバントを三塁へ悪送球。自らの失策でピンチを広げた。一死満塁から、代打・長谷川勇に左犠飛を打たれ決勝点を献上。その後も、押し出し四球と2点適時打を許し一気に4点を失った。

 打線はソフトバンク救援陣に封じられ、4回以降ゼロ行進。4点を追う9回は先頭の5番・阿部が右前打で出塁するも、代走で出場した増田が、ソフトバンク・森の暴投進塁時に三塁を欲張りタッチアウト。3−6で敗れた第2戦に続き、この日も攻守で痛いミスが出てしまった。

このニュースに関するつぶやき

  • 崖から落ちましたww
    • イイネ!1
    • コメント 0件
  • なんか選手のせいになってるけど、選手を起用するのは監督だからね。昨日も、戸郷の替え時を誤って、追いつけない点差になった。
    • イイネ!42
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(89件)

あなたにおすすめ

ニュース設定