ホーム > mixiニュース > エンタメ > 芸能総合 > 吉岡里帆演じる釉子、また恋に落ちる!祇園祭宵山デートに持ち込むため奮闘

吉岡里帆演じる釉子、また恋に落ちる!祇園祭宵山デートに持ち込むため奮闘

0

2019年10月23日 06:11  テレビドガッチ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

テレビドガッチ

林遣都、吉岡里帆、矢本悠馬、趣里、毎熊克哉らが出演するドラマ『京都人の密かな愉しみBlue修業中 祇園さんの来はる夏』(NHK BS4K)の第4話「祇園祭は恋の季節編」が、10月23日(水)21時から放送される。

職人の世界に飛び込み修業を続ける若者5人の成長を、京都の美しい四季の中で描く青春群像ドラマ『京都人の密かな愉しみBlue修業中』が1年半の時を経てカムバック。今回、陶芸家見習いの釉子役にあたらしく吉岡を迎え、庭師見習いの幸太郎(林)、板前見習いの甚(矢本)、パン職人見習いの葉菜(趣里)、農家見習いでワケありな影を持つ鋭二(毎熊)、それぞれのひと夏を描く。

駒形提灯に灯がともる幻想的な宵山、さんざめく祇園囃子、荘厳な山鉾巡行でクライマックスを迎える祇園祭は、熱き青春の恋の舞台でもあり、番組では今年1150年の節目を迎える祭を完全ドキュメント。ドラマとドキュメンタリー、虚と実を行き来しながら、若者たちの愛と涙が祇園祭の熱気の中で交錯する。

父(本田博太郎)から男運が悪いとのお墨付きを得ている釉子がまた恋に落ちた。相手は父の弟子だ。京都人ならではの祇園祭宵山デートに持ち込むために何にでもすがりたい釉子は、葉菜から教えてもらった縁結びのチマキに期待をかける。なんとか相手をデートに誘うことに成功するが、その運命は?

また、葉菜は鋭二と距離を縮め……。幸太郎の母のバーでは京都人デート談義が繰り広げられる。

    あなたにおすすめ

    ニュース設定