ホーム > mixiニュース > ライフスタイル > 子どもがひとりぼっちでお弁当を食べているのを想像したら切なくなる……ママたちからの励ましの言葉や実体験も

子どもがひとりぼっちでお弁当を食べているのを想像したら切なくなる……ママたちからの励ましの言葉や実体験も

1

2019年10月23日 06:31  ママスタジアム

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ママスタジアム

写真ママスタ
ママスタ

遠足の日の前日は、ワクワクしてしまって眠れなかった……なんて経験がある方は少なくないのではないでしょうか。学校を離れて非日常な時間を過ごす遠足は、"楽しみ"の象徴とも言えますよね。しかし一方で、子どもの遠足に対して悶々とした気持ちを抱えている方も……。ママスタBBSには、子どもが遠足でひとりぼっちになることを心配しているママさんが投稿をしてくれました。
『遠足で、我が子がひとりぼっちでお弁当を食べているのを想像して、胸が苦しくなる。実際は一度もそんなことはなかったのだけれど、何故か想像してしまうんだよね』
遠足のとき、お子さんがひとりぼっちでお弁当を食べていることを想像して悲しくなってしまう……と話してくれた投稿者さん。実際にはそんなシチュエーションに出会ったことはないものの、ふと考えてしまうことがあるようです。

心配する必要はない!先生が配慮してくれるのでは


『先生が配慮してくれるから大丈夫だよ』
『今は、先生がグループを決めて行動しない? 自分たちで仲良しグループを決めたりしないよね』
投稿者さんの心配する気持ちを励ますかのように、ママたちからは「大丈夫」というコメントが寄せられました。学校では遠足のときに先生が班を決めることも多いそうで、生徒が自分から仲良しの子とお弁当を食べる……ということは少なくなってきているようです。
『うちの学校は、みんなの顔が見えるように大きな円になって食べますよ。ひとりぼっちにならないように先生が配慮してくれるから、心配しなくていいと思います』
『うちの小学校は、班で食べるか、クラス全員で円になって食べる。好きな人同士では食べさせない。運動会も、親が来ない子に配慮して児童と保護者は別々に食べる』
実際にどのような配慮がされているか、という具体的な説明をしてくれたママたちも現れました。ひとりぼっちの子が出てこないようにクラス全体で円になって食べるという学校もあり、とても賑やかなランチタイムになりそうですね。

実際にひとりでお弁当を食べたお子さんも

『うちの息子、幼稚園の遠足から帰ってきたあとに「誰とお弁当を食べたの?」って聞いたら「ひとり」って。とはいえ誰かと食べたのかと思っていたら、後日見た写真では、本当にひとりだった。周りにはお友達がいたけれど。その姿を見て泣いたわ。本人はまったく気にしていなかったけれど』
『うちの息子もあったよ。去年の遠足で、班で食べている写真を見たら、ひとりだけレジャーシートで離れて食べていた。他の子たちは「イェーイ」という感じでもう片方のレジャーシートが敷いてある方で固まってピースをしていた。切なかったわ』
「先生が配慮をしてくれるから、子どもがひとりでお弁当を食べることはないのでは」とのコメントが寄せられた一方で、「自分の子どもはひとりでご飯を食べた」と答えてくれたママたちもいました。「実際にひとりで写っている写真を見て涙が出てしまった」と話してくれた方も……。「子ども本人は気にしていなかったけれど、自分は切なかった」とのコメントもあり、写真を見たときのママたちの気持ちを考えると胸がきゅっとなってしまいそうです。
『やだあー、涙が出そうになる。自分がひとりぼっちは全然平気だけれど、子どもにはお友だちと笑って楽しく過ごしてほしい』
『子どもには友だちに囲まれて楽しそうにしていてほしいよ〜』
寄せられたコメントの中には、「自分はひとりでもいいけれど、子どもはお友だちと仲良くワイワイしていてほしい」というものも。子どもには、お友だちと楽しい時間を過ごしてほしい……という親心なのかもしれませんね。

ひとりでもいい!気にする必要はない


『本人次第。ワイワイするだけが幸せじゃないよ。わかる人にはわかる』
『"ひとりでいるのは駄目、悪い"という意識がなくなって、もっと学校生活が自由になればいいのにね』
『海外で育った私が、今ものすごく日本育ちの人たちとの距離を感じた。ひとりで食べたかったらひとりで全然いいよ! 誰かに断られたとしても大したことじゃない』
子どもがひとりでいると切なくなってしまう……という意見に対しては、「お友だちといるときだけが"楽しい"時間ではないのでは?」とのコメントも集まりました。お友だちと賑やかに過ごしたいときもあれば、ひとりでゆっくりとした時間を堪能したいときもありますよね。ひょっとしたらひとりでお弁当を食べているお子さんの中には、静かな時間を楽しんでいる……なんて子もいるのかもしれません。

子どもがひとりぼっちでいる光景に思わず心がきゅっとなってしまうのは、きっと「子どもは楽しい状況に身を置いてほしい」という優しい親心からくる感情でしょう。「たくさんのお友だちに囲まれてほしい」と願う気持ちも不思議ではないように思えます。しかし意外とお子さん自身は、ひとりの時間も楽しんでいるのかもしれません。友だちと一緒に過ごす時間もかけがえのないものですが、自分ひとりでいる時間もまた同じように楽しいものになりえるのではないでしょうか。

文・motte 編集・井伊テレ子

■ママスタセレクトで読む

このニュースに関するつぶやき

  • ひとりでもいいじゃん泣くとか…?そういえばボッチってひとりの子を弄って男子が泣かせてた。ひとりで行動出来るの凄い団体でしか行動出来ない
    • イイネ!1
    • コメント 1件

つぶやき一覧へ(1件)

あなたにおすすめ

ランキングライフスタイル

前日のランキングへ

ニュース設定