ホーム > mixiニュース > コラム > スーパー台風に今の政治が無力である理由 気鋭の学者が語る「弱者への被害の移転」

スーパー台風に今の政治が無力である理由 気鋭の学者が語る「弱者への被害の移転」

8

2019年10月23日 07:00  AERA dot.

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

AERA dot.

写真台風19号で大きな被害を受けた宮城県丸森町(c)朝日新聞社
台風19号で大きな被害を受けた宮城県丸森町(c)朝日新聞社

 新進気鋭の哲学研究者である斎藤幸平・大阪市立大准教授が、資本主義と政治の問題に対し、世界的に知られる哲学者マルクス・ガブリエル、政治哲学者マイケル・ハートらと切り込んだ『未来への大分岐』(集英社新書)が3万部を超えるヒット作となっている。

 米国やドイツに留学経験があり、欧米の左派ポピュリズム運動や気候変動の問題に詳しい斎藤氏は、れいわ新選組の山本太郎氏とも親交がある。しかし、夏の参院選で突然巻き起こった「れいわ旋風」には、ある“違和感”を覚えているという。世界と日本の違いは何か。日本で相次ぐ災害に対し、今の政治に欠けているものとは。斎藤氏に語ってもらった。

* * *
──世界を見渡すと、移民排斥や差別主義を扇動する「右派ポピュリズム」と、米国のバーニー・サンダース上院議員や英国のジェレミー・コービン労働党党首に代表される「左派ポピュリズム」が活発になってきています。今なぜ左派ポピュリズムなのでしょうか。

 既存の政党がどれも似通った主張をするようになるなかで、自分たちの声が反映されていないと感じる人々が増えてきています。これは日本だけでなく、世界的な流れです。

 この30年間の新自由主義改革のもとで、社会から見捨てられたと感じる人々の苦しみ、怒り、疎外感といったものが鬱積していて、そうした感情が排外主義・ナショナリズムに結びつく傾向があります。欧州での極右政党の躍進などが、その兆候だと言われています。

 しかし、人々の苦しみや怒りを排外主義的な方向ではなく、むしろ、より平等で、民主主義的な連帯社会をつくり出すきっかけにしようとする人々の動きも生まれていて、それが左派ポピュリズムです。

 ただ、これまで日本では、海外の左派ポピュリズム運動を、「反緊縮財政」という一面的な部分だけ切り取って伝える人たちが多かった。『未来への大分岐』で、海外の左派知識人たちと社会運動について繰り返し議論したのは、もっと大きな視点で、左派ポピュリズムを考えたいと思ったからでした。

 実際、欧米の左派ポピュリズムが一番に取り組んでいる課題は、「反緊縮」ではなく、持続可能な社会をどのように構想するか、なのです。

 では、なぜ持続可能性がそれほどまで喫緊の課題になっているのか。それは、気候変動という危機が、これまでの予想以上に急速に深刻化し、人類の生存を脅かすほどになっているからにほかなりません。

 ところが、日本では左派のなかですら、まだ気候変動への懐疑説が横行しています。だから、海外の左派ポピュリズムの核心を見落とすのでしょう。

──日本に甚大な被害をもたらしている昨今のスーパー台風には、海水温度の上昇が関わっているとも言われていますが、気候変動については、科学の領域のように思えます。

 いえ、気候変動は社会そのものを含め、すべてを変えてしまうのです。たとえば、気温上昇を2度に抑えたとしても、海面上昇が進み、難民が2.8億人にまで増加するという予測があります。これに干ばつや熱波による農作物被害や飲み水不足が加わる。そうなれば、右派による排外主義がますます過激になり、社会そのものも変えてしまうでしょう。

 問題はもちろん左右の分断だけではありません。1%の超富裕層は、寒冷な高地のゲーテッド・コミュニティで今までどおりの生活を維持できるかもしれませんが、将来の世代、とりわけ、途上国の人々は自分たちが二酸化炭素を排出していないにもかかわらず、塗炭の苦しみを味わう。今話題のグレタ・トゥンベリたちが使う「気候正義」という言葉には、そういった含意があります。

 また、もっと身近に日本国内で言えば、台風の被害が東京では最小限に抑えられているけれど、他方で、インフラの老朽化した地方ほど被害は大きく、さらには高齢者たちに復旧の負担がのしかかります。ホームレスの人々が避難所に入れないという事件もありました。これらはすべて気候正義の問題です。

 しかも、こういった弱者への被害の移転が、将来的にはもっと大規模なスケールで起きることになる。それに対抗するためには、人権や平等という理念を守ることが必要なのです。

──「正義」のために、今の生活水準をあきらめ、エネルギーを使わない「脱成長」に向かうべきということでしょうか。

 成長をあきらめろ、中世社会のように質素に生きろと言いたいのではありません。

 一つ参考になるのが、欧米の左派ポピュリズムが今まさに中身を議論している、グリーン・ニューディールです。それは、成長と持続可能性をどちらも擁護しながら、新しい社会をつくろうとする計画です。

 具体的には、再生可能エネルギーの導入や、無償の公共交通機関への投資、エネルギー効率の高い公共住宅建設への財政出動。これらの新しい雇用創出で、石炭・石油産業の労働者たちの新しい仕事を補います。貧困層でも車を電気自動車に買い換えられるようにするためのローンを国が提供する、など。気候変動への取り組みを、新自由主義がつくり出した分断を乗り越える契機にしようとしています。

 今のような生活スタイルは持続不可能であるということは認識しつつ、新自由主義とは異なる新しい社会をつくるアイデアが生まれています。それも、トップダウンではなく社会運動の側が積極的に提案して、政治家がそれに動かされていくという方向になっている。そうした下からの動きが、欧米では年々、活発になってきているのです。

──「下からの民主主義」は、まだ日本で根付いていないということでしょうか。また、左派ポピュリズムは世界の政治を席巻しているのに、なぜ、日本では広がらないのでしょうか。

 複雑な制度を熟知している専門家やエリートたちが、トップダウンで制度を変えようとする傾向が、日本ではまだ根強いですね。しかし、現代のような、複雑な危機が同時多発的に起きている時代では、トップダウン型の政治は機能しません。

 欧米の左派ポピュリズムといえば、前回の米国大統領選で大旋風を起こしたサンダースやコービンの活躍ばかりが注目されますが、よく観察すると、彼らを支えているのも、社会運動なのです。いや、むしろ、社会運動が先にあり、運動が政治家を動かしています。

 サンダースの場合、2011年にウォール街を占拠したオキュパイ運動の人々の流れが強い。英国も、労働組合や協同組合の活動がさかんで、コービンを支える草の根の組織「モメンタム」が非常に活発です。

――その意味で、れいわ新選組が問題の現場にいる当事者たちを候補に立て、2議席を得たことは、新しい“兆し”にも見えます。「れいわ旋風」をどう評価しますか。

 社会運動とつながりがなく、エリートたちだけで政治をしていた旧民主党に比べると、大いに進歩していると思います。太郎さんが参議院議員時代の6年間、貧困、労働、障害者問題などの現場に足を運んだ成果です。独自のネットワークから9人の当事者を候補に立て、運動と政治のつながりを作ろうとしたことはすばらしい。旧民主党の政治家たちとはそこが違う。

 ただし、「れいわ旋風」と呼んで持ち上げすぎる傾向には“違和感”があります。れいわの公約は経済が中心で、気候変動の話はどこにもありません。気候変動の影響を過小評価しているのではないでしょうか。

 また、「れいわに投票すれば日本の政治が変わる」「選挙に行けば、政治が変わる」というのは幻想です。数年に1度の国政選挙だけで盛り上がったところで、下から支える運動がなければ、誰がリーダーになっても、結局は失望するだけです。

──山本代表は、「総理大臣になる」と宣言しています。

 欧米のポピュリズム運動は、個々のテーマで協力者を少しずつ増やす地道な活動を続けています。裏を返せば、サンダースやコービンがいなくなっても、草の根の組織があるので運動は継続できる。米国史上最年少の下院議員になったアレクサンドリア・オカシオ=コルテスのような新しいリーダー候補にバトンを渡すこともできる。

 一方、れいわ新選組は山本太郎さんのカリスマ性への依存が強く、下からの運動が支えているとは言いがたい。むしろ太郎さんが、運動を耕し、育てている段階です。とはいえ、社会運動を耕し、政治とつなげようとした点ではものすごく大きな前進です。もはや、日本でも左派ポピュリズムの力は否定できなくなっています。

──では、今後、どういったことが必要とされるのでしょうか。

 選挙が終われば、賢いリーダーにすべてをおまかせ、という傾向を『未来への大分岐』では、「政治主義」と呼びましたが、その政治主義から脱して、自分たちの手で社会運動を育て、社会を変えていく必要があります。社会の苦しみの現場にこそ、解決の糸口があるのですから。

 社会運動を育てるというような面倒なプロセスよりも、「上から」の改革のほうが、一見、「効率的」に見えますよね。しかし、分断の深まる民主主義の危機や気候変動の問題など、この状況をつくるのにもっとも加担してきたのは、国家や資本に近いエリートたちです。

 だとすれば大衆の声を強くしていくしかない。社会運動と政治のつながりを欧米の左派たちが忍耐強く作ってきた点は、まさに見習うべきところなのです。

(聞き手/AERA dot.編集部・西岡千史)

このニュースに関するつぶやき

  • 【Live】れいわ新選組代表山本太郎街頭記者会見 対馬 https://www.youtube.com/watch?v=nBTA86h9x3k
    • イイネ!6
    • コメント 0件
  • 【Live】れいわ新選組代表山本太郎街頭記者会見 対馬 https://www.youtube.com/watch?v=nBTA86h9x3k
    • イイネ!6
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(5件)

あなたにおすすめ

前日のランキングへ

ニュース設定