ホーム > mixiニュース > ライフスタイル > 年収を正直に答えたら「自慢された」と言いふらされた……。ママたちからのアドバイスとは

年収を正直に答えたら「自慢された」と言いふらされた……。ママたちからのアドバイスとは

4

2019年10月23日 07:31  ママスタジアム

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ママスタジアム

写真ママスタ
ママスタ

他人にはなかなか聞けないデリケートな話のひとつとして、年収の話があるのではないでしょうか。どんなに仲のいいママ友同士でも、踏み込んではいけない領域だと感じる方もいるかもしれませんね。しかしそんなタブーな話を悪びれもなく持ち出してくる方がいるのも事実です。ママスタBBSにもママ友に年収のことを質問されたママさんがお悩みを投稿してくれました。
『旦那が手取り40万前後です。子どもが1年生から歯の矯正を始めることをママ友に話したら、旦那の給料の話になり、正直に答えました。ボーナスのことも言いました。そのときは「そうなんだー」という感じで話は終わり、相手は言いませんでした(私が聞かなかったから言わなかったのかも)。翌日、ほかのママ友から「(そのママ友が)収入の自慢をされたと言っていたよ。高給取りなんだからあまり人に言わない方がいいよー」と言われたのだけれど、私が自慢したように思われたのかな? そんなつもりはまったくないし、相手は専業主婦だけれど私は働いているから、うちよりも相手の旦那さんの収入のほうがいいと思っていたし……。
ちなみにママ友も子どもの矯正をしたかったらしいのですが、お金がなくてしなかったそうなんです。その後、避けられているように思います。前は毎日ラインがきていたけれど、今はこないし。謝ったほうがいいのか、気が済むまで放置した方がいいのか……どう思いますか?』
旦那さんの年収を聞かれて正直に答えたところ、「自慢をされた」と陰口を言われていたことが発覚した投稿者さん。そんなつもりはなかったので驚いてしまった……との素直な気持ちを話してくれました。今後の対応に迷う投稿者さんに対して、ママスタBBSのママたちからはそれぞれの視点からコメントが寄せられました。

本当のことは言わない!年収は内緒にしておく


『うちは本当のことは絶対に言わないよ。「もうカツカツで、毎月赤字で大変!」ということにしている。私が専業主婦なのも、余裕があるからじゃなくて、体調を崩しやすくて迷惑をかけるといけないから働けないということにしている』
『旦那の年収を聞かれたら、「旦那が管理をしているから、詳しくわからないんです」と答えている。「私はおこづかい制だから」と。女は嫉妬の塊だと思っているから』
ママたちから寄せられたコメントの中で最も目立ったのは、「年収のことは正直に答えないほうがいい」という趣旨のコメントでした。「あえて働けないということにしている」、「お金のことは旦那に任せていることにしている」など、まさに"嘘も方便"といったママたちの本音が聞こえてきました。
『私も投稿者さんと同じような収入で、転勤族だから仕方なくマイホームを買うまでは専業主婦をしているのだけれど、根掘り葉掘り年収を聞き出そうとする人がいたよ。私は金額は絶対に言わずに、「贅沢はできないけれど、働かなくてもなんとか食べていける程度」と濁していた。勝手に見下したり嫉妬したり面倒くさいよ、そういう人は』
『近所の奥さんに手取りをしつこく聞かれて「30万もないよね?」と言われたから、「どうだろう? お金のことは旦那に任せているからなー」と答えたら、ご近所さんに「あそこは奥さんが専業なのに、ご主人の手取りは30万もないらしいよ」と言いふらされたことがある(笑)。でも「お金がある」と思われるよりはいいかな、と』
実際にママ友から年収の話を根掘り葉掘り聞かれたというママたちも現れました。中には質問の答えを濁したにも拘わらず、事実とは異なることを言いふらされてしまったという方も……。嫉妬されるよりはいいのかもしれませんが、デリケートな話題で噂をされるのはいい気分ではないですね。

ママ友への対応は?寄せられたアドバイスとは



年収を聞いてきたママ友に対してどのような対応をするか悩む投稿者さんに、ママスタBBSのママたちから親身なアドバイスが寄せられました。

謝る必要はない!放っておく

『何を謝るの? 投稿者さんは聞かれたから答えたまでで、聞かれもしないのに自分から自慢げに言ったわけでもないのに。それを相手が勝手に自慢話ととったのだから、放っておけば?』
『放置しておく。ただの嫉妬じゃん』
「謝ったほうがいい?」と迷う投稿者さんには、「謝る必要はない」との声が少なくありませんでした。相手が勝手に嫉妬をしただけだから、放っておけばいい……との考えのようです。

今後の付き合いを考え直してみては。一線を引く

『旦那の年収を聞いてくる人に、ロクな人はいないよ。これは本当。一線を引いたほうがいい。そもそもその話を自慢に捉えるということは今後も僻み満載だろうから、面倒くさい』
『相手は、ずけずけと他人の家の給料を聞いてきた挙げ句、他人に「自慢話をされた」と言うような人間だよ? そんな人に、こっちが下手に出て謝ったりしたら最後、この先ずっとなめられるよ』
デリケートな話をストレートに聞いてくるような人とは、一線を引いて付き合うべきと考えるママたちもいました。聞かれたことに答えただけなのに嫌な思いをするくらいならば、最初から距離を置きながらお付き合いをしたほうがいいのかもしれません。
自分はそうは思っていなくても、相手からしたら自慢ととらえられてしまうのは珍しくはないことなのかもしれません。完全に信頼ができない相手からのデリケートな話はうまくかわしたり、答えを濁したりするのが上手な付き合い方ではないでしょうか。

文・motte 編集・しのむ

■ママスタセレクトで読む

このニュースに関するつぶやき

  • 色々、根掘り葉掘り聞いてくる人いる。私はあまり他人の生活に興味ないので年収とか聞かないけど、しつこく聞いてきて上に立とうとする人にはガツンと言ってやる。
    • イイネ!4
    • コメント 2件
  • 色々、根掘り葉掘り聞いてくる人いる。私はあまり他人の生活に興味ないので年収とか聞かないけど、しつこく聞いてきて上に立とうとする人にはガツンと言ってやる。
    • イイネ!4
    • コメント 2件

つぶやき一覧へ(3件)

あなたにおすすめ

ランキングライフスタイル

前日のランキングへ

ニュース設定