ホーム > mixiニュース > エンタメ > 芸能総合 > よしもと「顔」ランキング復活

『よしもと男前ブサイクランキング』4年ぶり復活 ほんこん「コンプラ的に時代に逆行してますが…」

39

2019年10月23日 10:48  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

写真よしもとの新旧ブサイクが共演(左から)稲田直樹、ほんこん (C)ORICON NewS inc.
よしもとの新旧ブサイクが共演(左から)稲田直樹、ほんこん (C)ORICON NewS inc.
 吉本芸人の“顔”を格付けする『よしもと男前ブサイクランキング』が“4年ぶり”に復活することが23日、発表された。都内で行われた会見には、ランクインが期待されるアインシュタイン、EXIT、おばたのお兄さん、レインボーが出席し、「レジェンド芸人」としてほんこんも駆けつけた。

【動画】『よしもと男前ブサイクランキング』4年ぶり復活 ほんこん「コンプラ的に時代に逆行してますが…」

 同ランキングは、一般投票によって吉本芸人の“男前”と“ブサイク”の1位を決めるもの。月刊お笑い総合エンタテインメント誌『マンスリーよしもと』で2000年にスタートし、2015年まで毎年恒例のイベントとして開催されていた。今年は、吉本興業のスマホアプリ『ラフピー』から投票が可能となる。

 3年連続で1位にランクインすると殿堂入りとなり、2015年までの「男前ランキング」では、ロンドンブーツ1号2号・田村亮、チュートリアル・徳井義実、次長課長・井上聡、ライセンス・藤原一裕、ピース・綾部祐二、「ブサイクランキング殿堂入り」では、130R・ほんこん、フットボールアワー・岩尾望、南海キャンディーズ・山里亮太、マンボウやしろ、NON STYLE・井上裕介らが殿堂入りを果たしている。

 特にアインシュタインは、 よしもと漫才劇場メンバーによる『男前ブサイク芸人ランキング』で、稲田直樹が“ブサイク部門3連覇”を達成。相方・の河井ゆずるは今年、男前部門の1位を獲得している。

 MC・陣内智則が「草野球の中にメジャーリーガーが入ってきた」と表現するほど、圧倒的な優勝候補。稲田は「重い腰を上げて、もう一回やってきました」と気合十分に切り出すと「最近は『可愛い!』とか言ってもらえてるけど、これを機に全員、目を覚まさしてやろ!」、「ブサイクだろうが何だろうが、1位を穫るのが男の宿命」と怪気炎。一方で陣内から「稲ちゃんの横にいれば、そりゃ男前に見えるわ!」とツッコまれていた河井は「その効果をフル活用して、上位に食い込みたい」と、コンビでの首位独占に意気込んだ。

 そのほかの有力候補として、EXIT・兼近大樹は「僕が入らないとウソになっちゃう」と余裕の笑み。新旧ブサイク共演を果たしたほんこんは、稲田と横に並び「一緒やったら負けてる」と戦々恐々としていた。

 締めのあいさつでは、ほんこんが「4年で復活して、今の御時世、世間にけんかを売っているみたい。コンプライアンス的にどうかというのがあるけど、うちの会社、芸人の懐の深いところ。そこで笑いが生まれて、お客さんに笑ってもらえればありがたい。時代から逆行していますが、記者の皆さん、前向きなコメントを書いておいてください」と呼びかけていた。


動画を別画面で再生する


このニュースに関するつぶやき

  • メスほんこんも1位か……? https://mixi.at/agvyfsG
    • イイネ!0
    • コメント 0件
  • 二人見比べたら、ほんこんさんより稲ちゃんの方がインパクト強いなぁww
    • イイネ!15
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(21件)

あなたにおすすめ

ニュース設定