ホーム > mixiニュース > スポーツ > スポーツ総合 > 7人制ラグビー女子日本代表・平野優芽 最初に憧れたトライゲッターは?

7人制ラグビー女子日本代表・平野優芽 最初に憧れたトライゲッターは?

0

2019年10月23日 11:50  TOKYO FM +

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

TOKYO FM +

写真7人制ラグビー女子日本代表・平野優芽 最初に憧れたトライゲッターは?
7人制ラグビー女子日本代表・平野優芽 最初に憧れたトライゲッターは?
荒川静香と高橋尚子がパーソナリティを務め、東京海上日動がお送りするTOKYO FMの番組「MY OLYMPIC」。かつての名選手から将来有望なオリンピック代表選手のタマゴまで、さまざまなアスリートの輝きをお届けしています。10月16日(水)〜18日(金)の放送には、7人制ラグビー女子日本代表の平野優芽選手が登場しました。

※写真はイメージです



平野選手は、東京都出身の19歳。現在、7人制ラグビー女子日本代表として、2020年東京オリンピックでのメダル獲得を目指しています。

ラグビーを始めたきっかけは、父の影響だったそう。「小さいころから一緒にキャッチボールをしたり、ラグビーをしたり。小学校にもラグビーやサッカーのジャージや、Tシャツに短パン姿で通うような子だったので、女の子らしいところが全然なかったですね」と笑います。

そんな男子顔負けの彼女は、小学1年生のときに地元のラグビーチームに所属。当時から、トライを取ること、タックルやコンタクトのプレーが好きで、「相手をタックルで倒せたときとか、魅力に感じていた」と言います。

ラグビーの魅力にのめり込んでいく一方で、最初に憧れを抱いたのは、元日本代表の大畑大介さん。「ラグビーを始めたころは、トライを取る選手がカッコイイと。日本でトップクラスのトライゲッターだったので、すごく憧れを抱いていました」と理由を明かします。

また、七夕の短冊にはいつも“ラグビー選手になりたい!”と書いていたという平野選手。そんな思いがより明確になったのは中学生のとき。日本代表育成アカデミーに招集されるようになり「“オリンピックに出たい!”“日本代表の選手になりたい!”といった目標を持ち始めた」と話します。

育成アカデミーでは、近くで日本代表が練習する姿を見る機会があっただけに、「憧れの選手と“同じ舞台でやりたい!”という気持ちがどんどん芽生えていった」と振り返っていました。

10月21日(月)〜25日(金)、28日(月)〜31日(木)の放送も、引き続き平野選手が出演予定です。どうぞお楽しみに!

----------------------------------------------------
【▷▷この記事の放送回をradikoタイムフリーで聴く◁◁】
聴取期限 2019年10月26日(土) AM 4:59 まで

スマートフォンは「radiko」アプリ(無料)が必要です。⇒詳しくはコチラ
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用頂けます。
----------------------------------------------------
スマホアプリ JFN PARKでは、スペシャル音声も配信中!
★ダウンロードはこちら→/http://www.jfn.co.jp/park
また、無料スマホアプリWIZ RADIOでは、OA局をチョイスすることで、全国のFM局の番組が聴取可能です。
★ダウンロードはこちら→https://www.wizradio.jp/
----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:MY OLYMPIC
放送エリア:TOKYO FMをはじめとする、JFN全国38局ネット
放送日時:TOKYO FMは毎週月〜金曜6:55〜7:00(JFN各局の放送時間は番組Webサイトでご確認ください)
パーソナリティ:荒川静香、高橋尚子
番組Webサイト:http://www.jfn.co.jp/myolympic/


動画・画像が表示されない場合はこちら

    あなたにおすすめ

    ニュース設定